Home > 2月 23rd, 2009

2009.02.23

◆BC講習会:無事終了◆

今回の雪上講習会のために2/21・22を連休にする旨は前回書いた。で、それが無事に終了。

金曜夜の降雪が土曜日の各地に久しぶりのシャンパンパウダーをもたらしてくれ、講習場所の関温泉スキー場も例外なくリセットされとりました。

さて、朝の局所的交通渋滞により若干予定より遅れてのスタートとなりましたが写真のようにラッセルで膝上、ツボ足で腰までという素晴らしいセルフレスキュー講習日和。3班に別れての講習はロープワーク、雪崩捜索、グループでの行動の仕方、ピットチェックなどなど…2日目の日曜午後は、それらの総まとめ、実際の現場を想定しての緊張感みなぎる演習。

昨年の暴風雪下での講習とはうって変わり、雪は十分、天気は晴れで気温も暖かく、これはこれで講習には最適な環境でした。気温上昇と湿雪により、ダミーを埋め戻した雪もデブリのごとく重く、そして硬く締まり、掘り出しの大変さも実感。いっぽう、踏み均されていない斜面は捜索中の足元を腰下まで容赦なく潜らす状態。足場の不安定さも体感しながらの捜索訓練。文字通りアタマだけでなくカラダでの理解が得易かったのではないかと思う。

ガイドやスタッフ、それにお手伝いに来てくれた過去の講習生達、改めて皆さんにお礼を言いたい。更に何よりも参加者の熱くそして真面目な取り組み、これにも主催者サイドとして裏方として、現場で汗を掻きながら「仕込み」をしたことが報われます。最後に関温泉スキー場さま、それに宿のグリーンヴィラさま、ありがとうございました。