Home > 5月 16th, 2011

2011.05.16

「銭湯」という日常の中の非日常

石神井公園からボトムラインまで徒歩で来る途中、すぐ脇にある風格のある銭湯がこの「富士の湯」だ。
湯につかり幸せを感じるという「日本人」あるいは「ニホン猿」の特権(?)は、滑りに行った際にも例外ではないね。とはいえ、いつもは仕事なりで日常を過ごす。そんなとき、この「銭湯」が侮れない。日常の中にふと非日常を垣間見せてくれる。おもえば湯につかるとき「ほぉふっ」という言葉にもならない吐息をはくのもまた、非日常とまさに「交信」した瞬間を告げる合図なのかもしれない。

続きを読む »