Home > 11月 13th, 2013

2013.11.13

BCセルフレスキュー講習会のこと

毎年「日本山岳会」と共催というかたちで開催しているバックカントリー滑走のセルフレスキュー講習会。先日今季の開催についてお知らせ致しましたが、問合せなどもあるので改めて内容など簡略に。全三回分の参加費(予価)は¥19,500です。

TS321169
過去の講習風景

まず都内にて机上講習を2回受けて頂きます。

【1】救急法:12月2日(月)19:00~21:00 〔東京体育館〕
応急措置などはケガへの対応や最悪の事態として“掘り出した際”に必須
SANYO DIGITAL CAMERA
過去の講習風景


【2】シート搬送:1月9日(木)19:00~21:00 〔日本山岳会市ヶ谷ルーム104号室〕
ケガ人を雪上で搬送するのに必須。
SANYO DIGITAL CAMERA
過去の講習風景

この2つの机上講習の内容に現場での様々な状況を加え、総合的に行うのが

【3】雪上講習:1月18日~19日 1泊2日 〔関温泉スキー場〕
SN380065
過去の講習風景

SANYO DIGITAL CAMERA
過去の講習風景

■BC装備(アバランチトランシーバーやショベル、プローブなど)のほか、カラビナやスリングやツェルトなどを個人装備、共同装備として使います。スキーやスノーボードの滑走自体のレベルは問いませんが、バッツクカントリー滑走において通常使われる「用語」は理解しておく必要はあります。

グループを組んでのケーススタディー(実践形式)を中心に対応力、判断力など(の必要性)を学ぶことが出来る緊張感を伴った貴重な機会です。「出来ない」ということが身に沁みて判ることが大切です。

11月13日 初冬

季節商売ゆえ今時期が一番忙しい。忙しいということはお客さんが多いということ。それは、とてもとてもありがたい事。たくさんのTUNE-UPのお預かり、そして魅力的な商品が集まってくれた店内、参加者多数の毎年のイベント、現地ガイド達との嬉しい交流。メディア等にも時々相手をして頂けたりして、なんだかんだ時は過ぎた。

続きを読む »