Home > 4月, 2021

2021.04.15

Surf Skateの入荷が始まる



昨年からデリバリー状況が大きく混乱していたスケートボード。その際入荷予定もズレにズレ、大変ご迷惑をお掛けしました。明日から入荷が始まります。

雪のシーズンが終わる頃から今季も始めますかね。屋外で距離とってマスクして…。

写真のDRAG SKATEその他、WOODYPRESSも週末には入荷。

2021.04.14

明日(木)”もう1日”臨時休業。

明日は急遽、ステップソールスキーの講習が入りましたので、急ですが臨時休業します。

★今週は休みが続いてごめんなさい。

2021.04.10

4/12(月)13(火)臨時休業

まことに勝手ながら、両日とも臨時休業とさせて頂きます。

2021.04.04

オフのTUNE-UPとウエアのクリーニング

急激に春本番を迎え、積雪量も同じく急激に減少中。
すでにシーズン終了の方も増えつつありますね。
シーズン・オフを迎えるにあたり大切となるのがタイトルにあるふたつ。こちら、お忘れなく・・・なのですが、下記もご参考に。

※ちなみに、受付は共に4/半ば以降より開始いたします。もうしばらくお待ちください。

まだシーズン中の方。
これからの春シーズンは”最終コーナー”というイメージで、例えば来季に繋がるような点に時間を注ぐのもありです。スプリットボードをゲレンデで乗り込んで、より身体に馴染ませる。その際、その現在の乗り味をチェックしておき後日のTUNE-UP持込み時にその感覚を伝えて、それを落とし込む。あるいはスプリットスキーのゲレンデ練習ですね。これもリラックスできる春がお勧め。緩斜面~中斜面のバーン(リフト)を用いて二枚板の動きを身に着ける。

ソリッドボードやスキーでも同じです。
春の凸凹面や地形、それに様々な雪質を乗り回すことで、結構細かな感覚を改めて感じ取ることができます。ハイシーズンだと雪質も良いので逆に細かな点が分かりにくい、というもの。ここは楽しみながらのテスト・ライドと割り切ってみましょう。

滑走面の毛羽を徐々に削るというより”磨いて”いきます。
左(持込時)、右(8割方作業を進めた状態)。この作業をもう少し続けると更に滑らかな感じになってきます。