Home > 取扱い商品

2018.11.05

TetonBros.新作バックパック

先日入荷で早くも人気のコチラ…「TetonBros. KOMA 38L」。

入荷と同時にその人気同様、早くも名作の予感。

バックパックに関して、いろいろと多くのブランド(モデル)を使い”渡り歩いてきた”自分としてもこのモデル、”滑りをとことん追求”して製作されただけあってバッチリ納得のひとつ。
特に「今の自分がバックパックに求める内容」がかなりしっかりと詰まっていて、その意味でも”今欲しい”仕上りになっています。春先にサンプルをお借りして現場で実際に使用。とても使い勝手もよく、好感触だったことは記憶に新しい。

入荷分のグリーン(写真右)が店頭分完売のため急ぎ追加発注。今週再入荷します。

2018.11.01

“NOW(SKATE TECH)BINDING”、HANDOUT、

怒涛のTUNE-UP作業の合間に、続々と入荷が続きます。
ご予約分を含めてNOW BINDINGが入荷。こちらはSKATE TECHの名称のとおり、独自のKINGPINシステムの採用でスノーボーディングの乗り心地に新たな境地を開拓。ひとことで言うと、思いのほか自然(な乗り心地)でいて、だからこそ逆にそれが心地よい、という感じ。

そして、NOWならではの面白さを感じられるのが付属の”ハイカップ”への交換。その辺りを楽しみたいがゆえ、モデルは柔らかめのIPO(ハイカップ付)をメインにラインナップしました。

SKATE BOARD(SURF SKATE)が「オフの嗜み」、そこにこのSKATE TECHを絡めてSNOWBOARDという「オンの遊び」へとつなげるイメージですかね。

好評のHANDOUT “PRO MITTEN”第二弾も入荷。いまなら各サイズ揃っています。

2018.10.28

ORTOVOX社 W’s Jacket

まあ例えばコレなんかは、国内未展開のW’s Jacket(一点モノ)。他人と違いを出しながらの「質の良いウエア」。ダーミザクス(メンブレン)にベンチレーション搭載、中綿に”スイスウール(88%)”というスペックは、いたずらにBC志向を追わず、実際の使い勝手(ゲレンデ~サイドエリア)を考えた存在。大荷物を背負わず滑走するために必要なウエア、といたってシンプル。ゆえに海外勢の多い国内のリゾート(野沢、ニセコ、ほか)などでは群を抜いての注目度。

※ちなみにウールってのはダウンとは違い「濡れても冷えない」というのが特性。「高所登山」なら軽量化は避けられませんが「滑走全般」であれば、むしろ十分過ぎるメリットがあります。

で、ORTOVOX社のこちら(同じくW’s)も

面白い、そしてよく出来たデザイン。フリースですが見た目どおり、こちらもウールが使用されています。なんと言うか…かわいい作り。

機能性のみを追いかけすぎると、それこそ味気のないバリバリのスポーツウエアに寄っていってしまいがち。そこを巧い事”ハズす”のが得意なのがORTOVOX社。フリースひとつを取っても、まさにこんな感じ。ちょうど4年前に当店で超人気だった例のあのシャツもそうでした。とかくアバランチギアを思い浮かべてしまうブランドながら、欧州では「マンモスマーク(スイス)のライバルのような存在」なのがこのORTOVOX社(ドイツ)。商品展開も似ています。

SWEET PROTECTIONのヘルメット、あるいはJulboのゴーグル(=シェード)搭載のヘルメットなどとの相性も抜群。品良く「大人の装い」、楽しんでください。

2018.10.26

ファーストステップ・スキー

当店で毎年人気のスキーセットがこれ。今年も入荷してきた。
80cmゆえ対象は3歳児辺りってところでしょうかね。「雪歩き(滑走への第一歩)」を”防寒長靴と板”で始められるご機嫌なセットです。

・ステップ(凸凹)加工のソールが歩行での移動と軽度な登りを可能に
・歩くことで板を踏む位置が自然と身に着く
・踵が自由ゆえ、行動が制限されないで”遊べる”
・もちろん滑走も楽しめる
・ポール付

¥7,000+税

2018.10.24

国産ウールソックス”MountainSurf×RASOX-plus”

ご覧の様に足袋形状のウールソックスが入荷。昨シーズン涙ながらに”発売延期”となりましたが、いよいよデリバリー開始。色はネイビー、パープル、グレー、の3色にサイズはS~Lの展開。

滑りにおいてソックスはある意味大袈裟なようだが「最重要な存在」。
足裏感覚にもダイレクトに影響するし、寒い中での冷え対策など。雑菌の繁殖も抑える天然素材のウールはやっぱり最高だ。

当店の定番商品として、上記以外にもDeeluxeの5本指(日本製)にDarn Tough(USA製)など、ウール素材の”極上ソックス”を扱っています。大人の足元ですから、性能も品質も妥協無しで。

2018.10.23

POMOCA スキー用スキン入荷

「どこのメーカーのが良いの?」

当店ではPOMOCA以外にもG3やVoile他を扱っていますが、そうした質問への答えがこちら。

「本人のストレスが少ないのが良い」

これに尽きますね。
※要は何に対してストレスを感じるかな訳です。

 

2018.10.22

ABOM ゴーグル:入荷は12月半ば頃

昨年に引き続き「入荷が遅れる」との連絡が輸入元から入りました。
ご予約頂いています方々、もうしばらくお待ちください。←もちろん製品の性格上”本格的な使用は年明けから”でしょうけど。

〔11/6更新〕
先日お伝えしました「仕様変更」が再度変更となりました。昨年までと基本的に変わらないそうです。なんとも二転三転で?ですね。申し訳ありません。

SPARK R&D:(一部を除き)入荷

TIP&TAIL CLIPS(NEW)と写真のあたりが入荷してきた。
ARC(Copper)が醸し出す大人な質感、W’s ARC(Turquoise)が纏う雪(=水)との調和感あるカラーリング等イイですね。

※CROSSBAR CLIPSとTOP-MOUNT CROSSBAR CLIPS(←インビス・タイプ用)は11月半ばの入荷予定だそうです。

※SPARK R&D製品、当店ではラインナップ全てを扱ってはいません。一部商品のみの取り扱いゆえ、店頭にない商品に関しては都度「輸入元に在庫確認」をしての取り寄せです。予めご了承ください。

こちらはMOUNTAIN HARD WEAR×TJ BRANDの『Backyard Collection』と銘打った「カタログ」…というよりも”コンセプト・ブック”とでもいうものになるのかな?(でもまあカタログか)。
立山での写真(Photo:大塚伸)を使っていて、シンプルな作り。MOUNTAIN HARD WEARが、独自の世界観で存在感を示すTJ BRANDとタッグを組んだ企画モノですね。手間暇もかかっているし、写真も良いのでぜひ手に取ってみてください。そこそこ部数置いてあります。

2018.10.20

ご機嫌なグローブ★HANDOUT入荷っす

グローブは幾つかのブランドを置いていて、実際自分でも使っている。そのどれもが個性豊かで味わいのあるものばかり。どれもお勧めであるのは確かです。HIMARAK、HESTRA、ほか等々ね。

そんな中、使っていて「こいつは便利だ」と思い店頭にて”そういった層の方々”にお勧めしているのがこのHANDOUT。私が天然素材好きなこともあって、レザー(=PROというモデル:¥15,500+税)のミトンを当店では扱っている。ブラックのレザーグローブ、超カッコいい。※ナイロンがご希望の方は、ぜひ他店様にてお探しください。

さて入荷してきた18-19モデル。細かな改良が施されています。「ICタイプのリフト券ポケット」(冒頭の写真)や、次の写真にある「携帯カイロ用ポケット」

そもそもが保温性の高さから選ばれるミトン。そこに携帯カイロを入れるって、これはもう最強の部類に入るんじゃないかと。ジッパーから手を出せるので、その便利さを考えて5本指のインナーグローブは必須だと思うし、そのインナーグローブ自体の保温性も加味出来る訳で…ってことで、ゲレンデからBCまでとても賢く便利に使えるヤツ。HIPORA(防水透湿メンブレン)にプリマロフト採用、この辺りはもう説明不要ですね。

ちなみに、今季からXSサイズもこのレザーミトンにラインナップされたので、手が小さめな女性…特に末端冷え性でお悩みを抱える女性…にもバッチリです。

でまあ、基本はレザーの上記タイプを置いていますが、ネオプレーンのコチラ

数は少なめですが入れてみました(¥5,500+税)。

2018.10.19

ヘルメットほか、SWEET PROTECTIONが店頭入荷

ヘルメットは巷に多々あれど、開店時から今現在まで当店でメインを張るのがこのSWEET PROTECTION。この秋からロゴの一新と併せて細部も変更され、使い易さもさらに向上。もちろん見た目のカッコ良さ(シルエットの美しさ)も相変わらず秀逸。定番のTrooper Ⅱを主にSWITCHER(NEW)も。

今季はお手頃ながらかなり”使えそうな”比較的薄めのフリースも登場。バラクラバ的にも使用可能な邪魔にならないフード付(←最近流行り)ゆえ、ゲレンデから山までコンパクトにいけますな。。

 

Next »