Home > お知らせ

2018.01.13

ABOMゴーグル:入荷は数回の分割に

国内入荷が遅れに遅れているABOM”HEET”ですが、今しがた「第一便の下記のみ」ようやく入荷。

●ABOM HEET RESOLUTION RED  ※予約分のみ入荷
●ABOM HEET COOPER DOME  ※予約分のみ入荷

★今後も当店イベントやツアー日程と重なる入荷予定ゆえ、ご不便やご迷惑をお掛けし申し訳ありません。

<今後のデリバリー予定>
〔第二便:1/19(金)店頭入荷予定〕 ※1/20(土)21(日)が当店イベントで臨時休業
・SKY BLUE MIRROR
・FLASH GREEN MIRROR

〔第三便:2/5(月)店頭入荷予定〕 ※2/1(早締め)~4(日)が当店ツアーゆえズレ込みます
・GOLD RUSH MIRROR、他未入荷分全て(予定)

2017.12.17

ABOM ゴーグルの生産遅延について

ABOMのニューモデル”HEET”の生産が遅れに遅れていまして、まだ未入荷。
輸入元からの連絡で現在のところ「早ければ年末ギリ」もしかしたら「年明け早々の入荷」という具合だそうです。ご予約された皆さん、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

※ABOMゴーグルについては『FREERUN』12月号(p98~99)に製造元の記事がありました。

ご一読をぜひ。

2017.12.09

HESTRA GLOVE

 

HESTRA GLOVEにはGore Texを使用した定番モデル(3Fin-GTX等)以外にも写真のようなモデルもあってそれぞれ素敵です。
時には機能性だけではなく、こうした軽い”ヌケ感”で個性を追うのも◎

※もちろん両者とも滑走での使用も問題なし。

★入荷がたいへん遅れてしまいご迷惑をお掛け致しました★

TJ BRAND・MOSS SNOWSTICK

今年は降雪も早く、もちろんバーンの完成も既に多くのスキー場で見られ、最高のシーズンスタートといった感じ。雪が多いってことでボードを傷めない今季、圧雪~地形~パウダーをこうした個性的なボードにて楽しむのが良いかと。TJはウッド&バンブーでオトナなデザイン、MOSSは海を彷彿させるデザイン、そして右の3台は女性にSnowsurfを楽しんでもらえるおススメのボード。

TJ BRAND 17/18: GoldenBat “Bredren collab”、Shift1520
MOSS SNOWSTICK 17/18:PQ49、52PT
店頭ストックあり。

2017.12.07

お知らせ ご連絡

はや12月も上旬が過ぎてゆく・・・という事で、諸々ご連絡です。

<商品入荷状況>
ほぼほぼ取扱い商品は入荷しています。
●ABOMゴーグル”HEET”の入荷がさらに遅れ、現在のところ12/20頃を想定
●MountainSurf(GUIDEとFRパンツ)が今週末予定
●HESTRAグローブ12/8入荷予定 ※諸事情でたいへん遅くなりました
●HAND OUTグローブのXLサイズも今週入荷します。現在店頭にはSのみ。M、Lは本国在庫確認中。
※入荷済み(お取置き)のお品など、お早目の引き取りをお願いいたします。

<TUNE-UP :年内仕上がりの受付>
あと2~3台程は多分なんとかギリ。仕上がりは12/25か26予定。受付終了直前です。
SKI&TELEMARKのビンディング取付けの年内受付は終了。
※ご購入の「TJ(TELEMARK)のG3取付け=Nさん」や「持込みの数台」(OさんやIさんやKさん他)を現在作業中。

<サーモインナー成型>
12/10(日) 13時~14時予約あり ※土日に他1名の仮予約あり
※土日以外も事前予約必要。お問合せください。

TUNE-UP済みの板、ウエアリフレッシュ(クリーニング)済み等、店内のスペースが限られますゆえ、引き続きお早目のお引き取りをお願いいたします。

2017.12.05

SCOTT EXCURSION

だいたいからして”この遊び(テレマークスキー)”は「好きモノたち」が多い。登山から流れて来た人、ゲレンデスキーに飽きてしまった人、あるいは完全にアウトロー(気取り)で流れ着いた人、etc。

よく言われるように70年代、USAにてカウンターカルチャーとしてリバイバルしたものだったコレ、”当時のゲレンデスキー”を横目に誰もいない山にひっそりと怪しげな煙を上げながらラインを付けていたのが今に至るという訳。でもその頃はクロスカントリー用の道具を用いて(←これしか移動&滑走を満たすモノが無かったから、とのこと)歩いて登って移動して”滑走”を楽しんでいた(らしい)。こんな面白い遊びを復活・再起動させてくれた彼らイノベーターたちの熱意に改めて感謝だ。

で、そんなルーツにとても近い種族のブーツが、今もシーラカンス*のように現存している。

でもコレ、当店で扱っているテレマークブーツにおけるここ数年の主軸いわば”スター的な存在”。私自身スキーでもスノーボードでも、そしてこのテレマークでも「柔らかいブーツ」が好みだ。いつの間にか、この方向性に舵を切ってから早何年になるのだろう。でもこうした柔らかさに慣れれば慣れるほど、その深さを味わう毎年なのです。

欠品していた25㎝サイズが再入荷しました。

*まさにシーラカンスとも呼べる「レザーブーツ(←これもやっぱり柔らかい)」もこっそりと軽い感じで各サイズをストックしています。細いステップソールスキー(No Wax Base Ski)にコレを合せれば、気分はもう70年代のコロラド。でもですね「滑り方(型)」に関しては当時モノではありません念のため。

2017.12.04

Voile SPEEDRAILとかHeelLockとか・・・

昨年発売、今季も引き続き取り扱っている人気のVoile社”SPEEDRAIL(SPLITBOARD用バインディング)”。第二次入荷分が届きました。これで店頭在庫が切れていたMサイズもOK。「U字フックをバーに押し込んで反転」だけでスキーモードにチェンジ出来る簡単な仕組みが☆☆☆
※K2社のKwickerBC(ステップイン)と互換性あり

Voileのシステムを使用しているK2にも使えるHEEL LOCKも好評です。「デュアルヒールロック」をお持ちの場合は”Retrofit Kit(¥1,800+税)”でOK。ちょいと昔のシングルタイプであれば、今回”デュアルヒールロックwith HEEL LOCK(¥5,000+税)”にしてしまえば快適にアップデート。当然、昨年のSPEEDRAILにもOK。

※私の場合スキーモード滑走時もヒールロックは使いませんが、例えば下山時に斜度のゆるい樹林帯などを下りながら途中ごく小さな尾根を「スキーのカニ歩き」で登る際などにあ搭載されているととても便利なのがこれ。

他にも、同じく上記K2社KwickerBCにも使用可能なクランポンもあります。これだとレバーひとつでバインディング自体への固定も可能ゆえ、好みで「引きづる」「引きずらない」を選べます。

Voile社からはテレマーク3ピン”HD”や”10㎜ライザー”なども一緒に入ってきました。

2017.12.02

ゴーグル付のヘルメット

最近よく見かけるのがこのタイプ。気軽に使えて何より脱着も容易、ゲレンデ滑走にはとっても快適だ。

いわゆる”インバウンド”と呼称される海外からの「訪日滑走客(特に欧米系)」も、そのほとんどが100%ヘルメット使用だし、そもそも本国彼の地でもやっぱり同じくほぼ100%の使用率。なんでも向うでは「保険」にも絡んでくるとは聞いた話。

で、写真はフランスはJulbo社のもの。
これで¥35,000ってことは、ほとんどゴーグルを買うのと、あるいはヘルメットを単体で購入するのと同じような価格帯。しかもレンズはJulboお得意の”Photochromic”を搭載。言うまでも無くCEの基準を満たしています。そして、なんだかバイク用のヘルメットっぽくて実にカッコ良いのも◎  ←なので細身のシルエットで全身をまとめると、かなりヤバい感じになりそう。

※入荷が遅くなりましたが「現物を確認したかった方」ぜひどうぞ。

SCOTT G-REX テレマークブーツ

例えば19cmなどの足のサイズでもテレマークは楽しめるんですね。
そんなブーツがG-REX。これはEXCURSIONのW’sシェルと同形状でサイズダウンという感じ。これから雪の上で、楽しみながら”板の良い位置に乗る事”を自然と身体で覚えるのに最適なブーツ。小っちゃいですよ~、まるで「おもちゃ」。でもSCOTT製(Made in Itary)にVibramソールで侮れません。

PIN TAIL用のKnit coverが届いた

OrangeからPIN TAIL用のニットカバーがでた。モノはいつもの「日本製」。155cm~165cmと記載ながらも、ニットゆえ伸縮幅も大きく対応範囲が広いのは嬉しい。

Next »