2018.06.22

割れるボードと凸凹ソールのTelemarkと

まあ、あれだね、当店では決して”脈絡のない話”などではなく「普通の話」として存在しているのがこのSTEPSOLE(WAXLESS,NOWAX BASE)のTELEMARK SKI。少しづつながらも一部のスノーボーダーの琴線に触れつつあるようです。もちろん”道具ありき”ではなく、うちが信奉しているSARC流の、いわば流れるような無駄のない滑り(の型)あってのこと。それともう一つ、「そのまま登れてそのまま滑走可能」というオンリーワンな点。

そんなこんなでここ数年、スノーボーダー(特にSPLITBOARD使用者)に向けて店頭で事あるごとに話題にしてきた。その甲斐もあってか一人増えまた一人増え、…で今日も今回「そいじゃ!」となった方々で、ざっと7~8人に増えそうです。

おっとっと、忘れちゃならない!
SKI(いわゆるアルペンスキー)の何名かにもこのセットを既に売っていますね。つまり当店ならではの「TELEMARK SKIを本業にしている方々以外への伝播」だね。そうするとSNOWBOARDとSKIとで、つまり本業でない方々で”とっくに10名を超えた”ということで、あれあれ?地道な活動が実を結び始めたということかなこれって。

思えばSKIに始まりSNOWBOARDそしてTELEMARK SKIへと遊びの範囲を広げて来た。その経験からSPLITBOARDにも極々自然に手を出し、はたまたその延長線上でSTEPSOLEのSPLITBOARDにも手を染め今に至るという訳だ。クライミングスキン(シール)やクランポン(使う使わないは別にして)も既に身近な存在、挙句スプリットボードのスキーモードなる”二枚板状態での滑り”にも味をしめて傾倒し……回りまわって今また改めてルーツでもあるSTEPSOLEということか。

ここ数年、遊び感覚で『STEPSOLE屋』を自称していましたが、どうやら、ほんのちょいですが、そんな感じもしないではない現実が今あります。

2018.05.26

『bravoski vol,1 ~ ギア特集号~』発売

毎年この時期ですね「カタログ号」の発売は。
今号では、スキーやビンディングそしてブーツについて理解し直せるページもあり、ぜひとも書店で購入し熟読して欲しい。テック・ビンディング隆盛の今だからこそ、いわゆるツアー用ビンディングとブーツ(のソール)との関係性はしっかりと理解しておきたいところ。

同時に次のシーズンまでの数か月は、こうした新しい道具と併せて使用中の道具類のチェックもお忘れなく。例えば50歳を境にして「ビンディングの解放値を変更する」なんてのも国際的な基準として推奨されていることもお忘れなく。こうした事もスキーヤーであれば”自分事”として理解しておく必要あり。そういう意味でも”馴染みのショップ”の存在をいま一度思い出してほしい。

<おまけ>

それと道具の話をしたので、その流れの延長線上でひとつ。
ゲレンデや山に行く時に携行するこうしたミニツール。タイラップや針金、予備のビスなどと一緒に”マルチツール”や”ドライバー”は必需品。特にSKIで注意したいのが、一般的なプラスのNo,3だけではなく”ポジのNo,3″も出来れば用意したいという点。両者は企画が違います。※写真はこれらがセットになったもの。

もちろん、SBであればプラスのNo,3まであればOK。

 

<追記>
スキーのビンディングの補足です。解放値などをユーザーが自分で調整することはやらないでください。前記の「50歳を境に…」についても、あくまでSHOPにて行います。携行ツールのドライバーについても、あくまでも「トラブル時の対応用」です。この辺り、全て誤解のないようにお願いします。

2018.03.19

3/23(金)申込み締切:”KAMP K2″4/4(水)~6(金)

私も3日間現地に滞在予定。
TTブーツのリニューアル、SPLIT用バインディングの発売、FTブーツのTech対応の発売など話題が多いのが18/19シーズン。今回は平日ですが、SBやSKIそれにTELEMARKを一緒に滑りながら自然体で試乗してみてください。

“KAMP K2″では試乗会・試履はもちろんのことBCツアー・BC講習(ビーコントレーニング)・ライダー・ガイドとのフリー滑走を楽しみながらバーベキュー・お酒を楽しむもの。
またK2ジャパン契約選手・ガイドや各方面の専門家なども多く参加、こうした方々とコミュニケーションをとるのもKAMPK2での楽しみのひとつ。
※下記記載のうえ(当店のお客さんは)ボトムラインまで。

2018.03.13

まずはコイツからスキーを

以前大好評だったのがこの”ファーストステップ”。ご要望も多く、この秋も扱います。

ステップソール(nowaxベース)仕様で80cm(71-63-67)、ストック付で¥7000+tax

歩けて(登れて)、滑れて・・・というなかで、楽しみながら自然と”いい位地”に乗ることも身体で覚えられてしまう素晴らしいセット。雪用長靴でオッケー。

ご予約受付中

2018.01.22

bottomline FES 無事終了


*みんなで迎えた朝の写真

 

昨年に引き続き、今回で2回目となった”bottomlineワンナイトフェス@和田小屋”も無事に終了。ご縁があって思いつきで企画した本イベント。

「昼は滑って、夜は大宴会をして眠くなったら勝手に寝て、そして翌日も滑る」

要はそれだけの事なんだけど、そこにあるはSKIもTELEMARKもSNOWBOARDも関係ない75人の「大人たちが遊ぶ楽しい空間」。今回はレゲエシンガー”タケル(AMBASSA)”のミニライブに、新丸子POWERSの出張BARも交えた夜の和田小屋。※日本酒は昨年同様「ほんしゅ堂」。

「気心の知れた参加者」や「プロライダー」に「プロガイド」、そしてスキー場ほか皆さんの協力がこの”夢のようなイベント”を後押ししてくれている。ただただ感謝の言葉しか浮かばない。

皆さ~ん!ありがとうございました。

2017.10.26

DVD:MSP『DROP EVERYTHING』

もう何年になるのだろう…
まだVHSのころ、夏も終わりが近づき新作がリリースされる噂が出る頃になると、毎年ワクワクして待ち焦がれたのがこのプロダクション”MSP”だ。今では老舗のスキーフィルム、スキームービープロダクションになった。

でも、ある時からなんとなく、その過激さに対して私自身が心理的に距離を置くようになったのも事実。そんな数年が確かにあった。いま思うに一種の「反抗期」だったのかもしれないな。

けれども、今の自分のスキーに対するかなりの部分を構成してくれたのは間違いなくココだ。改めて正当に評価したい気持ちが最近ではとても強い。私自身、いつのまにか”伝えられる側の若造”から”伝える側のオッサン”になっていた。30年近くスキーをしているんだから当たり前か。

********************


MATCHSTICK PRODUCTIONS 『DROP EVERYTHING』¥4,000+税(コンボパック)
予告編
☆10/27発売(本日入荷しています)

 

2017.10.20

サーモインナー成型

今日は持込み成型、ブツはFT(スキーブーツ)。
何やら「今まで全く納得いってなかったモノ」が今回で生まれ変わり、とても満足して貰えた。こちらも嬉しい。
合間にスキーのポジションのコツなんかをお伝えしながらの成型タイム。
このサーモインナーにSuperfeet(トリム)の組み合わせ、コストパフォーマンス的にも最高です。

スキーでもスノーボードでもテレマークでも、このサーモインナーは”しっかりと成型するのが”基本。これが良くないと高価なブーツでも台無し。逆にしっかりと成型を済ませたブーツは、これはもう極楽モード。いまだに「地獄行きの成型」をする店があるみたいですが、せっかくなのでぜひ極楽行きを目指しましょうよ。

2017.10.14

お店が賑わう時期

狭い店内がいつにも増して狭くなる、毎年恒例のそんな時期になった。
TUNE-UPのお持込みと引渡し、ウエアのリフレッシュ(クリーニング)、ベースレイヤー、ゴーグル、バインディング、DVD、etc

さて、写真はポール。共にbca社製品でSKI用とSBバックカントリー用。SKI用はグリップが秀逸。幅広の最上部がスクレイパーのように使え、ハイク時に板に積もる(こびり付く)やっかいな雪の除去を考えて設計されている。SB用はコンパクトかつしっかりとした作りが◎

そんな商品やら”UNION EXPEDITION”の説明などもしつつ、閉店間際に古くからのお客さんが4FRNT Hoji(TUNE-UP)を持ってきて、しばし昔話も含めて色々と雑談。いや~今日はおおいに賑わいました。

2017.09.29

『It’s your TURN 4』今回は”スキーヤー”

『It’s your TURN』10/5発売  ¥1,000+税
※5日が当店臨時休業ゆえ、6日以降にはbottomline店頭にも。

ページを開くとまずは瀬戸直人氏。そのあとは続々と私世代にはとても懐かしいスキーヤーにテレマークスキーヤーが誌面を飾ります。そうそう、この冊子は「ピンナップ・マガジン」。ぜひともお気に入りのページを切り取ってペシッと壁に。

☆昨季「和田小屋FES」からの久我博道氏の1枚もありました。

2017.09.26

LINE SKI”Honey Badger&Gizmo”


小林克也さんのナレーションが今にも聞こえてきそう…、Early80’sな雰囲気がなんとも香ばしいデザイン。
LINEのスキーは毎年デザインがPOPで大好きだ。こういう足元をチラ見しながらの滑りは実に楽しいもの。そういうオッサンたちのアツい気分は”強権発動”、小僧どもにもぜひとも味わわせてやってください。右のJr用(=GIZMO)なんてのが、まさにそれ。

今年はコイツでテレマークすっかな。

Next »