2018.09.27

K2 TARO TAMAI SNOWSURFER

18/19モデル” TaroTamai Snowsurfer”を冠するK2社SB ブーツ、いよいよ近日入荷。
初代で「‼」と言わせたブーツも、マイナーチェンジの2代目を経てついに”ほぼ完成形”と開発者「玉井太郎氏」本人に言わしめたのがこの3代目。足裏へのカント採用と前傾角の変更そしてインナー形状の変更など、細部に渡る変更点がまさに昇華したといえる究極のスノーサーフ・ブーツ。かつて無いほどスノーサーフでの滑走に主眼を置いた、まさに今までにない1足に仕上ったそれがグルーミングバーン~地形~パウダーでの味わい深いターンを可能にしてくれます。

時にサンプルを置きながら予約を受け付けてきました「店頭フリー在庫分」もいよいよ下記を残すのみ。ちょうどほぼ各サイズ1足という状況ゆえ、検討中の方お早目にどうぞ。

W’s :(色)Violet ¥68,000+税
US5(22cm)×1、US6(23cm)×1、US6.5(23.5cm)×1、US7(24㎝)×1

M’s:(色)Green ¥69,000+税  ※実際の商品は写真より薄いグリーンに変更
US7(25㎝)×1、US7.5(25.5cm)×1、US8(26cm)×1、US8.5(26.5cm)×1、US9(27cm)×2、US10(28cm=完売)

ブーツに求められるもの。それは高級車に採用される上質なシート(≒セミバケットシート)を持ち「快適な室内(居住性)」を維持しつつ、スポーツモードを存分に楽しめる「最適なステアリング設定」等を高い次元で両立させることにも近い感覚でしょうか。海(波乗り)とは違い裸足で乗る訳にはいかない状況下、いかに「それに近づけるか」の追求が結実したブーツです。

※サーモインナー搭載ゆえ成型の如何で履き心地に差が付きます。当店では専用オーブンを用いて内外共に成型。内側は足のラインに、外側はブーツアウターの内張りの形状にと形作られるので、適度な遊びを維持しながらも反応の良い”使える”ブーツに仕上げてのお渡しとなります。

2017.09.26

K2″TaroTamai Snowsurfer” Boots 入荷

昨年発売でいきなり大人気になったブーツ。そりゃそうでしょう、開発期間もしっかりかけて満を持しての登場でしたから。その17-18モデルが入荷。色がブラウンに変更になったり細部の変更などはありますが、基本はしっかりと踏襲。

昨季、早々と完売になったサイズUS6(24~24.5cm対応)もあり。

サーモインナー仕様ゆえ、言うまでも無く「サイズの選択と成型」がとても肝心。その辺りも含めてきちんと対応致します。

私も昨季使用しましたが「動きやすさ」以外にも、軽さ、保温&防水性などトータルでの完成度も群を抜いていました。一般のSBブーツより多少値は張りますが、でもまあ「軽自動車や一般のクルマ」に対する「超高級車」程の価格差はないことを考えると普通だと思いますね。繰り返しますが、その出来の良さは秀逸ですから。

※昨年モデル(割引品)もいよいよ27㎝、27.5cm(各1足)を残すのみ。こちらも併せて。