2017.01.23

イベント終了

170122wada

土日に『bottomlineワンナイトFES@和田小屋』と題して初めて開催したイベントも、天気にも雪にも恵まれ大きなトラブルもなく無事に終了。

「フェス」だと言ってしまえば簡単ながらも、思えば言葉で非常に説明し難い内容の本イベント。「SBフリーライド(西田洋介氏)」「SBスノーサーフ(小番直人氏)」「SB女子セッション(河野京子氏)」「TELEMARKセッション(久我博道氏)」「SKIフリーライド(岩崎龍大氏)」「PHOTOセッション1(樋貝吉郎氏)」「PHOTOセッション2(佐藤将彦氏)」「SBバックカントリー(WARP)」そして「SKIバックカントリー(五十嵐和哉氏)」とライダーも豪華でしかも様々なタイプのセッションから参加者が事前に選択して参加する…

…まあ、要はそうなんだけれども、各セッションを担当してくれたライダー方の個性というかクリエイティブな力で、それぞれがとてもタイトに締ったものとなりました。そして、そうした豪華な方々と「夜はひたすら飲む」という夢のような1泊2日。bottomlineとして追いかけてきたモノ全てが盛り込まれた「最高に楽しいワンナイト」が出現した瞬間。総勢65名の皆さん、お疲れ様そしてありがとうございました。

写真(撮影:佐藤将彦氏)は和田小屋泊名物「ファーストトラック」前の早朝のゲレンデ整備。ころころとした硬いダマもなく、素晴らしくクリーミーで最高のコーデュロイバーンを、1本目を各ライダー達が魅せ、そして2本目からは参加者も交えて全員で滑りこみ、各セッションへと分かれていったのでありました。

2016.12.04

JPL 最後の1台も納車

img_20161204_140113

これまた当店オリジナルのJPL SKI。
いよいよ最後の1台の取付けを済ませ、本日納車。
しかしコイツとKING PINの相性(=ゴージャスさ!)は、何度見てもほれぼれしてしまうオトナの香り。

お楽しみください。

2016.12.03

“PQ60 LTD”推奨位置のこと

既に一部納品済みにはなってしまいましたが、下記改めてご参照ください。PQ60 LTDには推奨位置の印がありませんゆえ、通常のFishbone PQ60の写真を載せます。たいへん失礼いたしました。

pq60ltdf

pq60ltdr

※先ほどお客さんからの指摘に「おっ」と思いました。

2016.10.22

CYCHO JPL いよいよ

DSC_0204(1)

お待たせいたしました。
いよいよ最終デリバリーが週明けから開始となるのが”CYCHO JPL”(写真中央)。
ご予約を頂いている方々にも順にご連絡させて頂きます。

気がつけば10月も後半を過ぎ、雪の便りや人口降雪スキー場OPENも話題になる時期になりました。今年は雪も期待できそうですし、最高(CYCHO!)に楽しいこのスキーでのファースト・シーズンとなることを願っています。
★しっかりとプレチューンナップを施しての「納車」ゆえ、もう少しだけお待ちください。

※右2番目の「白い板」は、上越高田とかチセヌプリなんかで時々見かける集団専用の・・・。

2016.09.09

CYCHO JPLもいよいよラスト1台。

DSC_0757

先日の「お知らせ」以降、ドドドド~とオーダーが入り残すは1台。これでおしまい。

★CYCHO JPL ¥135,000(税込)
125-115-120、R-55、184cm(only)、Vボトム(コンベックスソール)採用

いたずらに販売数を増やしても「こういうモデルは希少性も大切なので良くない」ということで往年の名車たちがそうであったように、JPLもあえて身を引きます。

※次も「また違った何か」を作りたいですね。

 

2016.09.04

SNOWSTICK PQ60 bottomline LTD

bottomline_moss - コピー

★MOSS Snowstick PQ60 bottomline LTDモデル
今季限定発売のボトムラインオリジナル。いよいよ残すところ…ほんの僅か。

※小番&将彦コンビの「和田小屋貸切イベント」への参戦も決まり、ますます楽しみになってきました。

2016.09.03

CYCHO JPLについて「大切なお知らせ」

c-jpl

<CYCHO JPL生産終了のお知らせ>

コンベックスソールの採用等、革新的だったJPL。
イタリアの赤い車からインスパイアされた‟初代の赤”も、波乗りのロングボードを彷彿させる‟二世代目”も、共に「大人の上質な遊び」をテーマにしたシンプルなデザイン。乗り物としても、巷のいわゆるFAT SKIとは別物、とってもシャープで鋭い乗り心地。「乗り込み、乗りこなす」ことで得られる喜びと共に、私も多くの事をこのスキーに教えてもらいましたので、感慨深いものが去来しますね。

ということで‟購入をご検討中の方”お買い忘れなく(受付可能残数3台、いよいよ終了です)。

★既にお持ちのユーザー様におかれましては、今後もメンテナンスを怠らず、ぜひ末永くお愉しみくださいね。

2016.06.12

PQ60 Fishbone☆bottomline LTD発売

bottomline_moss - コピー
数量限定発売決定!

お気に入りのボードやスキーは末永く楽しみたい。となれば性能ももちろんのことデザインも大切。のって乗り込んで乗り倒し(挙句サスがヘタるほど乗り尽くし)、最後には「飾る」。乗り物(遊び道具)ってヤツの理想ですね。

いつも秋田エリアでの当店ツアーをエスコートしてくれThe earth of joyを主宰するのが小番直人氏。そしてMOSS SNOWSTICK開発ライダーでもある彼が生み出したPQシリーズは文字通りモデル“NK”。その現在の最高峰モデルが14-15季に限定発売されたPQ Fishbone。限定モデルだったので15-16季以降は発売されません。でも、あまりにも“シビれてしまうその出来”を目の当たりにしたこともあって当店オリジナルデザインをのせて製作を依頼。

今回のオリジナル生産では、Fishboneならではの乗り心地をしっかりと活かしながら、味付けとして全体的に少し“張り”を持たせ、デザイン面でも「Fishboneの模様=コンストラクション」を活かした仕上げに。ちなみに「張り」のイメージは…

ノーマルPQ60>bottomlineオリジナルPQ60 Fishbone>PQ60 Fishbone(昨年限定発売)

…という感じ。それぞれの違いを楽しめるようにしました。
なお本製品のトップコートは、写真よりもクリアーできれいに下地(模様)が透過し「コンストラクション」が映える仕様。大人の色気とデザイン的な耐久性にも最大限考慮しました。

★MOSS SNOWSTICK PQ60 FISHBONE  “BOTTOMLINE LTD MODEL”
販売価格:¥145,000+税
※生産台数20台限定

SNOWSTICKの滑走イメージ映像はコチラから

上記MOSS SNOWSTICKでオリジナルボードを1機種、先日紹介したCYCHO JPLでオリジナルのスキーを1機種、といろいろなご縁があって個人商店ながら「色」を出せております。どちらも「20台限定」と小ロッド生産です。まったくもって、ありがてぇこった。

2016.06.11

CYCHO JPL

DSC_0757

オンリーワンの国産スキー“CYCHO JPL”。
当店のみでの数量限定販売かつ完全オリジナルで好評を頂いています。デザイン(写真)や価格は昨年と変更なし。巷に出回っている量産型ではないスキー、しかも乗り心地の個性も求める、ある意味での“エキスパートの方〔エンスーと言ってしまうと多少誤解を招くか〕”に乗ってもらいたいスキーですね。

スペックで他ブランドと比べて選ぶスキーでは決してありませんので何卒「ご覚悟」ください。なぜVボトム(コンベックスソール)を採用したりサイドカーブが55mだったりするのか…ぜひそこのところそれぞれが乗り込んで引き出してみてください。2本板のまた新たな発見や感動が味わえると思います。

============
CYCHO JPL
125mm‐115mm‐120mm
R=55m
Length 184㎝ only
¥125,000+TAX
============

もうひとつ大切なイメージを書いておきますね。
いわゆる市販車、量産タイプの乗用車ではありません(念のため)。店主世代が昔憧れたスーパーカー的な位置づけのスキーだと思ってもらえると良いかもしれませんね。操る楽しみ、所有する楽しみ、台数限定、秘めた圧倒的な走破性、etc…そんな意味でもね。