2016.12.04

JPL 最後の1台も納車

img_20161204_140113

これまた当店オリジナルのJPL SKI。
いよいよ最後の1台の取付けを済ませ、本日納車。
しかしコイツとKING PINの相性(=ゴージャスさ!)は、何度見てもほれぼれしてしまうオトナの香り。

お楽しみください。

2016.10.30

LADEビーニー到着★

lade16
夕方にはなりましたが「到着」です。
夏の受注会にお越しの方々、お待たせしました。

2016.10.22

CYCHO JPL いよいよ

DSC_0204(1)

お待たせいたしました。
いよいよ最終デリバリーが週明けから開始となるのが”CYCHO JPL”(写真中央)。
ご予約を頂いている方々にも順にご連絡させて頂きます。

気がつけば10月も後半を過ぎ、雪の便りや人口降雪スキー場OPENも話題になる時期になりました。今年は雪も期待できそうですし、最高(CYCHO!)に楽しいこのスキーでのファースト・シーズンとなることを願っています。
★しっかりとプレチューンナップを施しての「納車」ゆえ、もう少しだけお待ちください。

※右2番目の「白い板」は、上越高田とかチセヌプリなんかで時々見かける集団専用の・・・。

2016.09.09

CYCHO JPLもいよいよラスト1台。

DSC_0757

先日の「お知らせ」以降、ドドドド~とオーダーが入り残すは1台。これでおしまい。

★CYCHO JPL ¥135,000(税込)
125-115-120、R-55、184cm(only)、Vボトム(コンベックスソール)採用

いたずらに販売数を増やしても「こういうモデルは希少性も大切なので良くない」ということで往年の名車たちがそうであったように、JPLもあえて身を引きます。

※次も「また違った何か」を作りたいですね。

 

2016.09.03

CYCHO JPLについて「大切なお知らせ」

c-jpl

<CYCHO JPL生産終了のお知らせ>

コンベックスソールの採用等、革新的だったJPL。
イタリアの赤い車からインスパイアされた‟初代の赤”も、波乗りのロングボードを彷彿させる‟二世代目”も、共に「大人の上質な遊び」をテーマにしたシンプルなデザイン。乗り物としても、巷のいわゆるFAT SKIとは別物、とってもシャープで鋭い乗り心地。「乗り込み、乗りこなす」ことで得られる喜びと共に、私も多くの事をこのスキーに教えてもらいましたので、感慨深いものが去来しますね。

ということで‟購入をご検討中の方”お買い忘れなく(受付可能残数3台、いよいよ終了です)。

★既にお持ちのユーザー様におかれましては、今後もメンテナンスを怠らず、ぜひ末永くお愉しみくださいね。

2016.07.17

店前にて

天気がよかったこともあり、昨日は店前にて楽しい時間を過ごした。昼前の11時過ぎに会田氏と「とりあえず!」とばかりにプシュッとあけてから缶を片手に(もちろん仕事をしながら)閉店まで、その後場所を移して最後は1時過ぎまでと長丁場。しこたま飲んだ。なので写真撮る余裕無し。

……いや、それより展示会ですね。狭い店内でお客さんにはご不便かけながらも小番直人氏、MountainSurfの代表そしてLADEの会田氏らのおかげもあって大盛況。どれも「製作者の顔」が見える製品たち。夏を直前に早くも冬が待ち遠しい。そんな1日でした。

★MountainSurfカスタムウエア、オーダーは7/31締切!お忘れなく。
★MOSS SNOWSTICK bottomline LTDも引き続きご予約受付中。
★K2 TTブーツも引き続きご予約受付中。※火曜まで試し履き可

2016.03.05

Blends for Freerider wax

DSC_0138

この冬登場、当店でも話題となり好評のWAXがこの“Blends
真冬は「BASEのみ」、今時期は「TOPも加えて・・・」で、雪が汚れ、いよいよ残雪期に入り始めたら再び「BASEのみ」と簡単な作業で使い易い。ご購入者からの評判も「良く走るね~」と上々。

こういうWAXを待っていました。そして「待ってた甲斐あり」というもんです。
まだまだシーズン半ば、私らはなにせ6月まで滑りますからね。

2016.02.25

greenclothing2017

ウエアだったりシャツやベース、グローブに帽子など山でも街でも、その行き帰りでも使えるのがgreenclothing。オーダーはお早めにどうぞ。

jkt1415jkt1415

jkt1415jkt1415

1617p12_13

1617p14_15jkt1415

1516p16_171516p16_17

2016.02.20

2/25-26:ON SNOW JAM@峰の原高原スキー場

2016

公式サイト

GREEN LAB.、MountainSurf、LADEclothing、STONE-D、HIMARAK、Mount-poles等ボトムラインでも熱~く取扱中のブランドも出店のこのイベント。平日開催ですが、ぜひお時間ある方遊んできてくださいな。

2015.10.06

CYCHO JPL:ほぼストレートなシェイプにVボトム

c-jpl ★JPL:125-115-120、 R=55m 、184cm(only )、125,000yen+tax

昨年好評だったデザインを継続してのCYCHO JPL。
トップ&テールのロッカーが深雪からのスムースな抜け出しを、そしてVボトム(=コンベックスソール)が雪面上での流れるようなライン取りを可能にしてくれる“R=55mでほぼストレート”なシェイプを持つこの国産ハンドメイドSKIはbottomlineのみで販売する完全オリジナル。既に見た目から他ブランドのスキーとは明らかに異なる存在感を放ちます。

いよいよ15-16季、“納車”がまもなく始まります。
MARKER、G3、22designなどは当店でもほぼOKですが、金具持込みの場合事前の問合せをお願いします。※ブランドや型番により当店では取付け不可の場合もあり。

3年目となる今季も今日時点ですでに数台を残すのみ。当然ながら限定数のみのご提供ゆえ、巷の量産スキーとは別物、しかも当初から一種の“プロジェクト”といった感じなので、ご興味ある方は手に入れられる時に入手しておいてくださいね(マジで)。
※「世界限定〇〇台」で生産される工房のクルマをイメージしてください。

SPATULA(VOLANT)に端を発したロッカー形状を取り入れたスキーの進化、このJPLもその一つの到達点。思えばVOLANT USA社がSPATULAの発売を前に欧州の企業に身売りされた後、庄司克史氏がVOLANT SKIの持っていたフィーリング等を注いで国産FAT SKI第一号として誕生させたのがCYCHO SKI。しかもロングノーズ、そしてスーパーロングノーズの採用は当時としても画期的なもの。

またスキーの「ソールはフラット」という固定観念を今回のJPLで打破したのが、彼とCYCHO SKIでタッグを組んだKEI-SKI代表の小森氏。レーシングスキーの工房として名を馳せるKEI-SKIの柔軟な発想と想像力(と確かな技術)があって初めて、こうした形状を取り入れ、そして産み出すことが出来たのだと思います。CYCHO JPLとは、こうしたストーリーを持つ稀有なSKIなんですね。ぜひこの冬も“所有(する喜び)と滑走”とで「シビレて」ください。

Next »