2017.12.05

SCOTT EXCURSION

だいたいからして”この遊び(テレマークスキー)”は「好きモノたち」が多い。登山から流れて来た人、ゲレンデスキーに飽きてしまった人、あるいは完全にアウトロー(気取り)で流れ着いた人、etc。

よく言われるように70年代、USAにてカウンターカルチャーとしてリバイバルしたものだったコレ、”当時のゲレンデスキー”を横目に誰もいない山にひっそりと怪しげな煙を上げながらラインを付けていたのが今に至るという訳。でもその頃はクロスカントリー用の道具を用いて(←これしか移動&滑走を満たすモノが無かったから、とのこと)歩いて登って移動して”滑走”を楽しんでいた(らしい)。こんな面白い遊びを復活・再起動させてくれた彼らイノベーターたちの熱意に改めて感謝だ。

で、そんなルーツにとても近い種族のブーツが、今もシーラカンス*のように現存している。

でもコレ、当店で扱っているテレマークブーツにおけるここ数年の主軸いわば”スター的な存在”。私自身スキーでもスノーボードでも、そしてこのテレマークでも「柔らかいブーツ」が好みだ。いつの間にか、この方向性に舵を切ってから早何年になるのだろう。でもこうした柔らかさに慣れれば慣れるほど、その深さを味わう毎年なのです。

欠品していた25㎝サイズが再入荷しました。

*まさにシーラカンスとも呼べる「レザーブーツ(←これもやっぱり柔らかい)」もこっそりと軽い感じで各サイズをストックしています。細いステップソールスキー(No Wax Base Ski)にコレを合せれば、気分はもう70年代のコロラド。でもですね「滑り方(型)」に関しては当時モノではありません念のため。

2017.10.03

★bottomline FES 2018★

昨季大好評だったイベント「『bottomline FES@和田小屋』を今季も開催、ということは既にfacebookや店頭では告知済み。現在SKIとTELEMARKの参加者枠をやや残しながらも、SB枠はほぼ終了という状況。引き続き参加申込み受付中。

【日程】2018年1/20(土)21(日)

「当店常連さん向け」の”和田小屋貸切イベント”。前々からやりたかったのがこのスタイル。忘年会では終電が、ツアーでは人数の制限が…、更に言えばボードもスキーもテレマークも一緒に過ごせれば…、それが実現したのがコレ。そんな訳で、昼の滑りももちろんながら「夜の宴(≠パーティー)」が何より最高。当然です、日中各セッションで一緒したライダーやガイドと一緒に時間無制限、眠くなったら2Fで自由に寝るという「ゆる~く飲み楽しむ」企画。とても奥深い一泊二日。で、そんなライダーやガイドも基本前回に引き続き・・・

【SB】西田洋介氏(TJ BRAND)、小番直人氏&佐藤将彦氏(MOSS SNOWSTICK)、河野京子氏(元PSAプロ)
【TELEMARK】久我博道氏(SARC)
【SKI】岩崎龍大氏(TJ BRAND)
【BCガイド】SB班を有馬新 氏らWARPの面々、SKI班を五十嵐和哉氏(スノードルフィンズ)

以上の錚々たる皆さんからは快諾を頂いています。
そして今年のPhotographerには大塚伸 氏(from北海道)を呼びました。
美味しい日本酒も「ほんしゅ堂」がしっかりと担当してくれます。

内容も細かな点を変更しながら大枠は前回と同じ。

2017.07.24

今週末は・・・

よろしくどうぞ。

★LADEカスタムビーニー採寸会予約状況〔7/28(金)更新〕
12:00~13:00 ☓  ・Aさんグループ
13:00~13:30 ☓ ・Kさん
13:30~14:00 ☓ ・Eさん、Mさん(変更時間調整にて)
14:00~15:00 ☓ ・Yさん(2個予定)、他
15:00~15:30 ☓ ・Mさん
15:30~16:00 ☓ ・Yさん
16:00~16:30 〇
16:30~17:00 〇
17:00~17:30 ☓ ・Sさん
17:30~18:00 ☓ ・Mさん
18:00~18:30 〇
18:30~19:00 〇
19:00~閉店  ☓ ・Mさん、Yさん、他

※上記の〇を基本に、合間を利用しての採寸&オーダーは可能。←でも結構いっぱいですね。

2017.07.15

7/22(土)の納会

「シーズンの納会」もいよいよ来週の土曜日ゆえ、最終案内。
詳細はコチラ
※当日は小番直人氏、岩崎龍大氏そして樋貝吉郎氏がゲストで来ます。

大人数は増やせませんが、数名であれば、まだ・・・お早目に。

2017.07.04

2012~bottomline×TheEarthOfJoy

初回の開催が2012。
MOSS SNOWSTICK「小番直人」氏が主宰する”TheEarthOfJoy”とbottomlineとの毎年春に行う鳥海山でのセッションも、この春で6回(6年)。毎回の「記録映像&写真」も楽しく、待ちに待った最新版が今日届いていた。

なんだかんだ言って「毎年良い遊びをしているな」と顧みてしまうのは、単に歳なのかな。

 

2017.06.12

1617シーズン滑走終了

ここ数年の滑走最終イベントはSARC主催”立山OneStepBeyond”。その最終日が昨日、わたしもこれで1617シーズンの滑走がおしまい。

金曜初日は好天、土曜日は風雨とガスで停滞、最終日は再びの好天というなか、最高のコーンスノーと微風もあってこの上ない3日間。バーンは懸念された「縦溝」も”ほぼ無し”の面ツル状態、沢地形も信じられない程きれいな面になっていて、なんとも心地よくWaxless Telemark Skiの醍醐味である「移動・登り・滑走」の絶え間ない連続を堪能。スタッフ入れて20名強ながら、さすが「SARCイベントの参加者」という見事な面子により滑りも運営もスムース、全てにおいて滞りなし。そういう点でも圧倒されまくりです。


昨日の龍王ですね。
ここから御山谷へと滑り込んで、一の越へと登り返して、雄山を滑り、・・・


最後はいつもの国見岳。
いっけん”縦溝”に見える箇所も、せいぜい深いところでも3~5㎝くらいで、それすらも、あくまで部分的。ここまで良いのは3~4年ぶり?。やっぱりこの時期(6月初旬)の立山は極楽だ。

はい、という訳で滑走シーズンもおしまいです。
また来年も楽しみたいですね。

※なんだかテンションが上がっていたせいか、帰路は立山駅からノンストップで練馬まで最速で帰京してしまった。それにしても最後の国見岳のバーンで失敗してしまった自分に喝です。テレマークが1月以来になるとか、そういう言い訳というのがそもそも情けない。改めて参加者の滑りの見事さに感服した次第。次がんばります。

2017.05.08

あともう少し滑りますよ

GWあたまの週末は毎年恒例の鳥海山ツアー、もちろんテント泊。
今年の鳥海山は雪も豊富、しかも2日目のロングツアーは写真のように天気も良く、奥に見えるテント・サイト(の直前)までロングラン。初日にテント・サイトを設営しのんびりとした時間を過ごし、中日を挟んでの3日目(最終日)はテント場を撤収して鉾立(象潟)側へと移動。稀なことに空気もとても澄んでいて、日本海に向かってのRIDEも過去最高のものに。

今年も素晴らしい鳥海山ツアーを無事に終えました。

ということで、まだ休みボケの5/8(月)。
ご来店されましたお客様方々”私の動きが鈍くて”たいへん失礼いたしました。

2017.02.06

帰京

SANYO DIGITAL CAMERA

毎年恒例の岩木山に行っていて昨晩帰京。
毎回楽しい「大人の集まり」は全てにおいて、それはそれは濃密な2泊3日。旨い日本酒、旨い食の宴、極上の温泉宿、気の置けない仲間達、そして素敵な独立峰(岩木山)の雪と森。ご一緒しました皆さん、ありがとうございました。

2017.01.23

イベント終了

170122wada

土日に『bottomlineワンナイトFES@和田小屋』と題して初めて開催したイベントも、天気にも雪にも恵まれ大きなトラブルもなく無事に終了。

「フェス」だと言ってしまえば簡単ながらも、思えば言葉で非常に説明し難い内容の本イベント。「SBフリーライド(西田洋介氏)」「SBスノーサーフ(小番直人氏)」「SB女子セッション(河野京子氏)」「TELEMARKセッション(久我博道氏)」「SKIフリーライド(岩崎龍大氏)」「PHOTOセッション1(樋貝吉郎氏)」「PHOTOセッション2(佐藤将彦氏)」「SBバックカントリー(WARP)」そして「SKIバックカントリー(五十嵐和哉氏)」とライダーも豪華でしかも様々なタイプのセッションから参加者が事前に選択して参加する…

…まあ、要はそうなんだけれども、各セッションを担当してくれたライダー方の個性というかクリエイティブな力で、それぞれがとてもタイトに締ったものとなりました。そして、そうした豪華な方々と「夜はひたすら飲む」という夢のような1泊2日。bottomlineとして追いかけてきたモノ全てが盛り込まれた「最高に楽しいワンナイト」が出現した瞬間。総勢65名の皆さん、お疲れ様そしてありがとうございました。

写真(撮影:佐藤将彦氏)は和田小屋泊名物「ファーストトラック」前の早朝のゲレンデ整備。ころころとした硬いダマもなく、素晴らしくクリーミーで最高のコーデュロイバーンを、1本目を各ライダー達が魅せ、そして2本目からは参加者も交えて全員で滑りこみ、各セッションへと分かれていったのでありました。

2017.01.19

1/21(土)22(日):臨時休業

wadagoya

今週末はいよいよ「bottomlineワンナイトFES@和田小屋」。
お客さんと(セッション担当の)ライダーやカメラマンなどと夜を挟んでの”スペシャル2days”です。いつものツアーや飲み会では味わえないさらに大勢での、まさに「人的なセッションの場」。「昼は一緒に滑って夜は飲む」という単純なもので、抽選会なども一切無しのソリッドな空間。
こういう時代だからこそあえて”モノよりヒト”を全面に押し出した企画にしました。

(写真)かぐらスキー場サイトから転載

Next »