2018.06.19

近況

今日でMountainSurf、Deeluxe&UNIONの店頭展示受注会が終了。
先ほどサンプルも返却発送。

★MountainSurfは7/末が受注締切日ゆえ、残り40日弱で色(生地色とジッパー色)をお決め頂き、多くのオーダーをお待ちしています。

土曜日”LADEclothingの採寸受注会”も例年通り大好評、昼から閉店時間までひっきりなし。同時にMountainSurfの試着(サイズ確認)、Deelexe&UNIONそしてK2 TTブーツも狭い店内で入れ替わりの試し履き、そして別注オリジナルモデル第二弾のコチラ

のご予約も順調に…。
曇天ながらも雨は降らず、店前ではミニ収穫祭(宴会)。終了後は「八」での会食、Sでの2次会(25時前まで)とLADEの会田さんを交えての楽しい1日でした。

で、怒涛の土日を終えての昨日はWARP代表の有馬新氏が来店。いつものように、あれやこれやの雑談で気がつけば数時間。色々な刺激を貰いました。

これにて一旦通常運転に戻ります。

TUNE-UPのお持込もどんどん増えてきた。今季の話、来季の話など板をお預かりする際には様々な話で盛り上がります。そうした話の中から拾った細かな点なども、実はTUNE-UPに反映させます。89°とか1°とか、つまり何度々々という数字だけではなく、フィーリングもとても大切な情報。引き続き、お持込をお待ちしています。

※当店お買い上げの板以外もどんどんお持込ください。むしろ、そちらの本数の方が圧倒的に多いですから。一応「TUNE-UP屋」ですから。

2018.05.29

6/14(木)~19(火):Mountain Surf 展示受注会+α

生地の色を選び、ジッパーの色を選び、自分好みのウェアを製作できるのが国産(国内縫製)のMountain Surf

現在主流の”薄く超軽量なテクニカルなウェア”とは異なり、私の中では質の良いデニムのような”服”というか、ポケットも多くジーンズ*に代表されるある種の作業着的な存在かな。そうした着心地も個人的に好み。もちろん「耐水圧:20,000mm、透湿性能:8,000g/㎡/24h」なので性能も十分バッチリです。

完全受注生産ゆえ、色、サイズ、モデルをこの期間にご確認ください。※7/末がオーダー受注締切。

<同日程では下記もいっしょにご覧頂けます>
★Deeluxe Original SE(サイズサンプル有り)、UNION Contact PRO(サンプル)も展示。
★K2 TTブーツ(サイズサンプル有り)も展示。
★SCOTT AIRBACK(PATROL AP30※充電式)もデモ機を展示。お試し頂けます。

☆6/16(土)のみLADEclothingカスタムビーニーの受注も同時開催。《ご予約受付は終了しました》
※ただし「どうしても欲しい!」という方は店主まで一応ご相談ください。

*良く知られるように「アラスカでのゴールドラッシュ時代」タフな作業着として人気に火が付き、その後世界を席巻して今に至る、というのがジーンズなんですよね。

2017.09.14

DEELUXE ”Footloose”各サイズの入荷始まる

巷の「スノーボードブーツ」とは異なる”新しいカテゴリー”のブーツ。
削り出したソリッドな板(grassrootsや雪板など)での滑走を想定したフレックスや履き心地にも拘った、そしてとてもカッコいいブーツに仕上がっています。雪山への往復(移動)から滑走まで使えるなんて、ちょっと想像しただけでもワクワク。お使いのサーモインナー等に入れ替えれば多少フレックスに張りを出せるので、いつものスノーボーディングでも遊びの幅が広がりそう。

★こちらはサンプルではなく商品ですので、試し履きの際には「滑走用のソックス」をご持参頂き”そちらに履き替えて”お試し下さい。(以上、お願い)

ちなみに、私が雪道で長年使用しているSOREL(ガムソール)とのソールの比較はこんな感じ。写真のようにfootlooseには角がきちんとあるので、ボード上でのグリップ&安定感が全然違うと思われます。使用したライダーからも実際そういう感想が多かったようですね。

2017.07.30

MOUNTAIN SURF(ウエア):受注は明日7/末まで

LADEカスタムビーニーの採寸会に、MOUNTAIN SURFカスタムウエアの試着オーダー会と昨日は大忙しでした。昼から閉店後まで、ほとんど休みなく対応して頂いたLADEの会田さん、お疲れ様でした。
順番をお待ちいただく間、昼間は店前で飲んだり食べたりして頂きながら、のはずが夕方から大雨・・・でも、一部の方々は至近の雨のあたらない場所に移動して継続。まったくもってタフな方々です。合流出来なかったわたくし、閉店後にその残党を捕まえて近所のBARに移動。1時近くまでだから数杯とはいえ、大忙しの後の「至高のひと時」を過ごした。付き合ってくれてありがとね。

さて、MOUNTAIN SURFのウエアは明日の14時まで。
サイズ確認可能な試着用と生地見本とで、ジッパーの色と併せてあれこれと悩んでください。

☆DEELUXE Independent TFと話題のFOOTLOOSE、同じく明日までサンプルご覧いただけます。


随時足しながらも、少しだけ残った昨日の余韻。

2017.07.24

今週末は・・・

よろしくどうぞ。

★LADEカスタムビーニー採寸会予約状況〔7/28(金)更新〕
12:00~13:00 ☓  ・Aさんグループ
13:00~13:30 ☓ ・Kさん
13:30~14:00 ☓ ・Eさん、Mさん(変更時間調整にて)
14:00~15:00 ☓ ・Yさん(2個予定)、他
15:00~15:30 ☓ ・Mさん
15:30~16:00 ☓ ・Yさん
16:00~16:30 〇
16:30~17:00 〇
17:00~17:30 ☓ ・Sさん
17:30~18:00 ☓ ・Mさん
18:00~18:30 〇
18:30~19:00 〇
19:00~閉店  ☓ ・Mさん、Yさん、他

※上記の〇を基本に、合間を利用しての採寸&オーダーは可能。←でも結構いっぱいですね。

2016.09.17

DEELUXE&UNION

新しくなったDeeluxe Independent TFなど・・・
dsc_1029-jpg

それとUNION”Contact”。
カモ(写真)と共にブラックも入荷。この性能でこの価格(¥31,000+税)には、まったくもって申し分なし。
dsc_1035dsc_1036
※ご予約済みの方、ご来店前に一度電話なり下さい(一部店頭入荷ゆえ)。

 

2016.02.27

2/28(日)締め:Deeluxe、UNION

とにかく、来季のオーダーが続く日々なのですね、はい。

SANYO DIGITAL CAMERA
今季までと雰囲気ががらりと変わって登場の“Independent TF”。今っぽいスッキリ感が出たもののシューレースがスタイルを出してくれていますね。柔らかめのブーツといえばこのIndependentでしょう。

SANYO DIGITAL CAMERA
CONTACTがアップグレード。
上位機種にも負けない内容となり、価格を考えると・・・コレかな、やっぱり。とにかくミニディスク搭載になったのは大きいですね。そして色、「黒」も「カモ柄」も相当カッコいい。も一度書くけど価格を考えると「えっ!」というような出来だと思う。お馴染みの小番直人氏もおススメしていました。

他モデルももちろん素晴らしいDeeluxeとUNION。その中でSNOWSURFという感じを求めるとなると、上記写真のモデル辺りが候補でしょうか。

2016.01.21

Deeluxe 16-17

DSC_0401

来季モデルの展示会や試乗会が始まりましたね。
昨日はDeeluxe&UNION、CAPITAの展示会。
ブランドそれぞれの「良さ」に魅かれます。
例えばCAPITA、ここは生産拠点のエネルギー効率を最大限に追求、しかもecoを究極まで取り入れたその名もMOTHER SHIP(=工場)を立ち上げています。現代は「ただ作ればよい」という時代ではないんですね。

さて、写真は来季のIndependent。
★上記ブランド、カタログも届いているので、ご予約開始です。

追記)
Independentは雰囲気も大きく変わるので、田口氏デザインの渋い現行モデル(好みもあるけど)がご希望の方、店頭在庫のあるうちにぜひ。※25.5㎝~28.5㎝各サイズ店頭在庫あり。

2015.11.17

Independent(Deeluxe)の店頭在庫

写真 2015-02-18 16 47 46 - コピー.jpg
いよいよ数足あったフリーの在庫24.5㎝も完売。
25.5㎝~28.5㎝は各1~2足店頭在庫となりました、お早目に。

硬いブーツは「ブーツに頼れる」、そのかわり足首が使いにくい。しなやかなブーツだと「ブーツに頼れない」、かわりに自由度が高く“やわらかい雪面”や“連続して現れる地形的なセクション”を足裏でダイレクトに感じながらクリアする楽しみがある。
裸足でやる波乗りをイメージすると判り易いか。

例えば先日紹介したGrassrootsのDVD(完売、12/12再入荷)。これなんか観ているとまさに「足首の重要さ」が判る。こうした道具の選択が、時に滑走においてとても大切な事なんだと思い出させてくれる。

もちろん、硬いのが良いか柔らかいのが良いかは好み。かつてのフランス車の“猫足”やアメ車のゴージャスなフワフワ感、ドイツ車のガシッとした足回り、どれもが好みであって優劣ではないのと同様ですね。

2015.11.12

Darn Toughのソックス、ibexのベース・・・

DSC_0261

ウールをメイン素材に使用したmade in USAのソックスがDARN TOUGH。耐久性の強さや素材などの性能プラスこうしたPOPなデザインもあって人気。

★もちろん渋めが好みの方も多く、当店ではDeeluxeのウール&カシミヤ素材のソックス(made in JAPAN) と共に人気を二分しています。

同じくウール素材で定番のibex(made in USA)のベースレイヤーなども人気です。同素材のネックチューブ(薄くて温かく使いやすい!)も入荷し、やっぱり天然素材への評価は毎年急激に高まっています。

「肌に直接触れるモノ」に妥協不要。量販店に並ぶ安い化繊モノとは一線を画すこうした製品は裏切りません。そうそう、こちらも人気! greenclothingのウール製品も徐々に入荷してきました。

こうしたベースレイヤーとの組み合わせにはTetonBros.のミッドレイヤーなど最高ですね。

Next »