2017.12.09

TJ BRAND・MOSS SNOWSTICK

今年は降雪も早く、もちろんバーンの完成も既に多くのスキー場で見られ、最高のシーズンスタートといった感じ。雪が多いってことでボードを傷めない今季、圧雪~地形~パウダーをこうした個性的なボードにて楽しむのが良いかと。TJはウッド&バンブーでオトナなデザイン、MOSSは海を彷彿させるデザイン、そして右の3台は女性にSnowsurfを楽しんでもらえるおススメのボード。

TJ BRAND 17/18: GoldenBat “Bredren collab”、Shift1520
MOSS SNOWSTICK 17/18:PQ49、52PT
店頭ストックあり。

2017.12.04

Voile SPEEDRAILとかHeelLockとか・・・

昨年発売、今季も引き続き取り扱っている人気のVoile社”SPEEDRAIL(SPLITBOARD用バインディング)”。第二次入荷分が届きました。これで店頭在庫が切れていたMサイズもOK。「U字フックをバーに押し込んで反転」だけでスキーモードにチェンジ出来る簡単な仕組みが☆☆☆
※K2社のKwickerBC(ステップイン)と互換性あり

Voileのシステムを使用しているK2にも使えるHEEL LOCKも好評です。「デュアルヒールロック」をお持ちの場合は”Retrofit Kit(¥1,800+税)”でOK。ちょいと昔のシングルタイプであれば、今回”デュアルヒールロックwith HEEL LOCK(¥5,000+税)”にしてしまえば快適にアップデート。当然、昨年のSPEEDRAILにもOK。

※私の場合スキーモード滑走時もヒールロックは使いませんが、例えば下山時に斜度のゆるい樹林帯などを下りながら途中ごく小さな尾根を「スキーのカニ歩き」で登る際などにあ搭載されているととても便利なのがこれ。

他にも、同じく上記K2社KwickerBCにも使用可能なクランポンもあります。これだとレバーひとつでバインディング自体への固定も可能ゆえ、好みで「引きづる」「引きずらない」を選べます。

Voile社からはテレマーク3ピン”HD”や”10㎜ライザー”なども一緒に入ってきました。

2017.11.09

MOSS SNOWSTICK

生産が遅れていたPQ49にWINGPIN54そして52PTなど入荷。
雪も期待できそうな今季、コイツらでバシッと小気味よく遊ぶがよろし。

2017.07.04

2012~bottomline×TheEarthOfJoy

初回の開催が2012。
MOSS SNOWSTICK「小番直人」氏が主宰する”TheEarthOfJoy”とbottomlineとの毎年春に行う鳥海山でのセッションも、この春で6回(6年)。毎回の「記録映像&写真」も楽しく、待ちに待った最新版が今日届いていた。

なんだかんだ言って「毎年良い遊びをしているな」と顧みてしまうのは、単に歳なのかな。

 

2017.05.27

MOSS SNOWSTICK “FISHBONE”:5/末受注締切

先日お伝えしましたコチラ、今月末が受注の締切です。
もちろんコレクション用や観賞用では無いけど、いろいろな意味で持っていて乗っていて裏切らないボード。MOSSの考える「海外の大波」用ではない「身近なサイズの波」を基本に設計された、そんなスノーボードの”ひとつの解”がこれ。

2017.05.17

17-18 MOSS SNOWSTICK★FISHBONE is back!

数多の要望に応えた形でMOSS SNOWSTICK”FISHBONE(7機種)”が急遽生産されることに。

【販売モデル】
U3、U4、U5、62SW、Wing sw、PQ54、PQ60  ※U3は初登場

★受注期間:5/31(水)
★デリバリー:11/下旬

FISHBONEの乗り心地については既に説明不要か。
とはいえ、文字通り「魚の骨格」からイメージされるその”しなやかさ”と”コシのある絶妙な張り”で「SNOWSTICKらしい乗り味」を思う存分楽しめるBOARDに仕上がっている様は、何度でも繰り返しお伝えしたい点。そうした「機能美」と共に、芯材の浮かび上がる「構造美」も秀逸。そんなFISHBONE……末永く乗り続けてもらいたい一台なんですよね。

2017.03.09

3/10(金)MOSS SNOWSTICK “1718オーダー締切”

16776852_1322310274497136_1002105588_o

写真のほか、個性的なラインナップをリリースして楽しませてくれるMOSS SNOWSTICK
明日がオーダーの締切ゆえ、検討中の方はぜひ明日までに。
※以降はメーカーストックの有無次第となります。

画像:メーカーサイトから引用

2017.01.23

イベント終了

170122wada

土日に『bottomlineワンナイトFES@和田小屋』と題して初めて開催したイベントも、天気にも雪にも恵まれ大きなトラブルもなく無事に終了。

「フェス」だと言ってしまえば簡単ながらも、思えば言葉で非常に説明し難い内容の本イベント。「SBフリーライド(西田洋介氏)」「SBスノーサーフ(小番直人氏)」「SB女子セッション(河野京子氏)」「TELEMARKセッション(久我博道氏)」「SKIフリーライド(岩崎龍大氏)」「PHOTOセッション1(樋貝吉郎氏)」「PHOTOセッション2(佐藤将彦氏)」「SBバックカントリー(WARP)」そして「SKIバックカントリー(五十嵐和哉氏)」とライダーも豪華でしかも様々なタイプのセッションから参加者が事前に選択して参加する…

…まあ、要はそうなんだけれども、各セッションを担当してくれたライダー方の個性というかクリエイティブな力で、それぞれがとてもタイトに締ったものとなりました。そして、そうした豪華な方々と「夜はひたすら飲む」という夢のような1泊2日。bottomlineとして追いかけてきたモノ全てが盛り込まれた「最高に楽しいワンナイト」が出現した瞬間。総勢65名の皆さん、お疲れ様そしてありがとうございました。

写真(撮影:佐藤将彦氏)は和田小屋泊名物「ファーストトラック」前の早朝のゲレンデ整備。ころころとした硬いダマもなく、素晴らしくクリーミーで最高のコーデュロイバーンを、1本目を各ライダー達が魅せ、そして2本目からは参加者も交えて全員で滑りこみ、各セッションへと分かれていったのでありました。

2016.12.13

MOSS SNOWSTICK :58PT 、50SW

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-90 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-91

SNOWSTICKのラインナップ中”何処でもバシッ”と応えてくれるのが58PT。”海っぽいデザイン”がとてもイイ感じな仕上り。
いっぽうの50SWは見た目とは裏腹にとても乗りやすく、圧雪バーンも楽しめるボード。もちろんゲレンデ~地形~パウダーまで場所を選ばず遊べます。こちらは水面(みなも)頭上に輝くFULL MOON(?)のようなデザインに静寂さを感じます。

58PTは男女を問わずオールラウンドに、50SWは女性が積極的にターンを繋げていけるボード。この冬は雪も期待出来るし、一歩踏み出すのに最高のシーズンになる予感。

2016.12.06

店頭ストックボード

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-82moss-snowstick

★TJ BRAND 16-17
・Shift 1590    ※15-16 Shift 1590、15-16 Shift 1590 Flat camberもあり
・Flying-V
・Napoleonfish 1470

★MOSS snowstick 16-17
・Wing SW fishbone
・U-4 fishbone

※12/6現在、上記ブランドについてのみ記載。

 

Next »