2018.06.19

近況

今日でMountainSurf、Deeluxe&UNIONの店頭展示受注会が終了。
先ほどサンプルも返却発送。

★MountainSurfは7/末が受注締切日ゆえ、残り40日弱で色(生地色とジッパー色)をお決め頂き、多くのオーダーをお待ちしています。

土曜日”LADEclothingの採寸受注会”も例年通り大好評、昼から閉店時間までひっきりなし。同時にMountainSurfの試着(サイズ確認)、Deelexe&UNIONそしてK2 TTブーツも狭い店内で入れ替わりの試し履き、そして別注オリジナルモデル第二弾のコチラ

のご予約も順調に…。
曇天ながらも雨は降らず、店前ではミニ収穫祭(宴会)。終了後は「八」での会食、Sでの2次会(25時前まで)とLADEの会田さんを交えての楽しい1日でした。

で、怒涛の土日を終えての昨日はWARP代表の有馬新氏が来店。いつものように、あれやこれやの雑談で気がつけば数時間。色々な刺激を貰いました。

これにて一旦通常運転に戻ります。

TUNE-UPのお持込もどんどん増えてきた。今季の話、来季の話など板をお預かりする際には様々な話で盛り上がります。そうした話の中から拾った細かな点なども、実はTUNE-UPに反映させます。89°とか1°とか、つまり何度々々という数字だけではなく、フィーリングもとても大切な情報。引き続き、お持込をお待ちしています。

※当店お買い上げの板以外もどんどんお持込ください。むしろ、そちらの本数の方が圧倒的に多いですから。一応「TUNE-UP屋」ですから。

2018.06.07

☆MOSS SNOWSTICK PQ49″bottomlineオリジナル”☆

2年前のちょうど同じ頃、オリジナル(別注) 第一弾となるPQ60 LTDの発売をお伝えしました。この時は大好評のうちに早々と完売。今回はその第二弾!、価格も決定です。

■MOSS SNOWSTICK PQ49 “Fishbone” bottomline LTD ¥142,000+税

<仕様>
・Fishbone
・当店オリジナルデザイン&ロゴ(MOSS SNOWSTICKとのダブルネーム)
・限定20台生産

PQシリーズは、ご存知のようにSNOWSTICK開発兼ライダー(スノーサーファー)小番直人氏のモデル。そしてPQ54、PQ60に続き昨年発売されたのがこのPQ49。
「ん?女性スノーサーファー向け?」…もちろんそこをメインターゲットにはしていますが、実はゲレンデや春の地形…そう”ショート・レングス・ボード”と位置づけると男性でも超ご機嫌に楽しめるモデルという隠れキャラが潜んでいます。本モデルはこの冬発売になるFishboneの同モデルをベースに、当店ユーザー向けに小番直人氏によるカスタム調整(フレックス等)を加えることで、前述のような「ユニセックスな味付け」も更にスペシャルな仕上がりに。

小番直人氏が追求する魅力的なスノーサーフ・スタイル。
それに共鳴し長年にわたりツアー等で交流を深くもつ当店と氏との夢のコラボレーション。
さんざん乗り込んで楽しんで、最後は”飾っても絵になる”そんなボードです。

6/8(金)~11(月):臨時休業

2018.05.07

帰京 

bottomline恒例の「GWテント泊」、といえば当然The Earth of Joyエスコートによる鳥海山(秋田)。加えていつもサポートに来てくれるDelight Snowsurf の方々、などなど準備も万全ながらGW後半は悪天候の予報。それでも楽しさの可能性を信じ、ピンポイントでの2日間開催へと短縮しての今回は?・・・結局今回”も”最高でしたね。

まずは「ベースキャンプ設営」の第一歩。それは写真の階段作りからスタート。

回数を重ね、このテント泊スタイルを熟知する参加メンバーが、それはそれはもう”あっ”と言う間にメインのテント(とご機嫌な内部)を設営。ひと汗かいた後の「ひと口」の準備も怠らず(温泉に行く人は、その後までのおあずけ)。その流れで各人が就寝用の個別テントを思い思いの場所を選んでは、これまたスムースに設営。程よい距離感のそれが、今回もいい感じのテント村を雪上に出現させてくれます。

設営後は「軽く地形を滑りに行く」「雪板で遊ぶ」あるいは「寝る」を自由に楽しむのみ。

翌朝に備え、早めにはじめたメインテントでの地元食材や酒などの雪上宴会。
今回は日程変更もあり11名と縮小開催、それゆえHILLEBELGアトラスも連結せずの一張りのみ。これがまた今回の人数にちょうど良いサイズ。あっと言う間に時間が過ぎていきます。

土日とも天気は良いながら、山の上部は強風。でも地形遊びの醍醐味はこういう時こそ発揮されます。もちろんそれは”地元(矢島)生粋のローカル”小番直人氏案内あってのこと。

それにしても、とても早く春が訪れたのが今年。例年以上に雪面には葉っぱや汚れ(花粉など)が多く、下部ではなかなか板が走らない状況ながら、降雪量が豊富だったことでテント場まで雪も繋がっていた。

実質「1泊2日」ゆえかなりハードな道中だったけど、行けば行ったで最高の時間が楽しめる。今回もそれを十二分かつ濃密に満喫。それはそれは夢のような時間でしたとさ。

一緒だった皆さん、改めて「ありがとね!」

2018.01.30

MOSS SNOWSTICK EARLY(18/19モデル)から

手ごろなサイズ感といい、多くの滑り手の実態に即したモデルをリリースしているブランド”MOSS SNOWSTICK”。その18/19アーリーモデルが発表になったので、とりあえずJELLY FISHとMMD135を各1台手配。木曜入荷予定(でも金~日はお店が臨時休業…ゴメン)。週明け以降に、ぜひどうぞ。
※画像にあるように、MMD135はJr向け。

まだまだ降雪は続きますので、コイツで遊ぶべし。

2018.01.22

bottomline FES 無事終了


*みんなで迎えた朝の写真

 

昨年に引き続き、今回で2回目となった”bottomlineワンナイトフェス@和田小屋”も無事に終了。ご縁があって思いつきで企画した本イベント。

「昼は滑って、夜は大宴会をして眠くなったら勝手に寝て、そして翌日も滑る」

要はそれだけの事なんだけど、そこにあるはSKIもTELEMARKもSNOWBOARDも関係ない75人の「大人たちが遊ぶ楽しい空間」。今回はレゲエシンガー”タケル(AMBASSA)”のミニライブに、新丸子POWERSの出張BARも交えた夜の和田小屋。※日本酒は昨年同様「ほんしゅ堂」。

「気心の知れた参加者」や「プロライダー」に「プロガイド」、そしてスキー場ほか皆さんの協力がこの”夢のようなイベント”を後押ししてくれている。ただただ感謝の言葉しか浮かばない。

皆さ~ん!ありがとうございました。

2017.12.09

TJ BRAND・MOSS SNOWSTICK

今年は降雪も早く、もちろんバーンの完成も既に多くのスキー場で見られ、最高のシーズンスタートといった感じ。雪が多いってことでボードを傷めない今季、圧雪~地形~パウダーをこうした個性的なボードにて楽しむのが良いかと。TJはウッド&バンブーでオトナなデザイン、MOSSは海を彷彿させるデザイン、そして右の3台は女性にSnowsurfを楽しんでもらえるおススメのボード。

TJ BRAND 17/18: GoldenBat “Bredren collab”、Shift1520
MOSS SNOWSTICK 17/18:PQ49、52PT
店頭ストックあり。

2017.12.04

Voile SPEEDRAILとかHeelLockとか・・・

昨年発売、今季も引き続き取り扱っている人気のVoile社”SPEEDRAIL(SPLITBOARD用バインディング)”。第二次入荷分が届きました。これで店頭在庫が切れていたMサイズもOK。「U字フックをバーに押し込んで反転」だけでスキーモードにチェンジ出来る簡単な仕組みが☆☆☆
※K2社のKwickerBC(ステップイン)と互換性あり

Voileのシステムを使用しているK2にも使えるHEEL LOCKも好評です。「デュアルヒールロック」をお持ちの場合は”Retrofit Kit(¥1,800+税)”でOK。ちょいと昔のシングルタイプであれば、今回”デュアルヒールロックwith HEEL LOCK(¥5,000+税)”にしてしまえば快適にアップデート。当然、昨年のSPEEDRAILにもOK。

※私の場合スキーモード滑走時もヒールロックは使いませんが、例えば下山時に斜度のゆるい樹林帯などを下りながら途中ごく小さな尾根を「スキーのカニ歩き」で登る際などにあ搭載されているととても便利なのがこれ。

他にも、同じく上記K2社KwickerBCにも使用可能なクランポンもあります。これだとレバーひとつでバインディング自体への固定も可能ゆえ、好みで「引きづる」「引きずらない」を選べます。

Voile社からはテレマーク3ピン”HD”や”10㎜ライザー”なども一緒に入ってきました。

2017.11.09

MOSS SNOWSTICK

生産が遅れていたPQ49にWINGPIN54そして52PTなど入荷。
雪も期待できそうな今季、コイツらでバシッと小気味よく遊ぶがよろし。

2017.07.04

2012~bottomline×TheEarthOfJoy

初回の開催が2012。
MOSS SNOWSTICK「小番直人」氏が主宰する”TheEarthOfJoy”とbottomlineとの毎年春に行う鳥海山でのセッションも、この春で6回(6年)。毎回の「記録映像&写真」も楽しく、待ちに待った最新版が今日届いていた。

なんだかんだ言って「毎年良い遊びをしているな」と顧みてしまうのは、単に歳なのかな。

 

2017.05.27

MOSS SNOWSTICK “FISHBONE”:5/末受注締切

先日お伝えしましたコチラ、今月末が受注の締切です。
もちろんコレクション用や観賞用では無いけど、いろいろな意味で持っていて乗っていて裏切らないボード。MOSSの考える「海外の大波」用ではない「身近なサイズの波」を基本に設計された、そんなスノーボードの”ひとつの解”がこれ。

Next »