2017.12.04

Voile SPEEDRAILとかHeelLockとか・・・

昨年発売、今季も引き続き取り扱っている人気のVoile社”SPEEDRAIL(SPLITBOARD用バインディング)”。第二次入荷分が届きました。これで店頭在庫が切れていたMサイズもOK。「U字フックをバーに押し込んで反転」だけでスキーモードにチェンジ出来る簡単な仕組みが☆☆☆
※K2社のKwickerBC(ステップイン)と互換性あり

Voileのシステムを使用しているK2にも使えるHEEL LOCKも好評です。「デュアルヒールロック」をお持ちの場合は”Retrofit Kit(¥1,800+税)”でOK。ちょいと昔のシングルタイプであれば、今回”デュアルヒールロックwith HEEL LOCK(¥5,000+税)”にしてしまえば快適にアップデート。当然、昨年のSPEEDRAILにもOK。

※私の場合スキーモード滑走時もヒールロックは使いませんが、例えば下山時に斜度のゆるい樹林帯などを下りながら途中ごく小さな尾根を「スキーのカニ歩き」で登る際などにあ搭載されているととても便利なのがこれ。

他にも、同じく上記K2社KwickerBCにも使用可能なクランポンもあります。これだとレバーひとつでバインディング自体への固定も可能ゆえ、好みで「引きづる」「引きずらない」を選べます。

Voile社からはテレマーク3ピン”HD”や”10㎜ライザー”なども一緒に入ってきました。

2017.12.02

PIN TAIL用のKnit coverが届いた

OrangeからPIN TAIL用のニットカバーがでた。モノはいつもの「日本製」。155cm~165cmと記載ながらも、ニットゆえ伸縮幅も大きく対応範囲が広いのは嬉しい。

2017.11.14

VOILE~Simple.Solid.Backcountry~

VoileのSPEEDRAIL(第一次分)が先ほど納品された。
そして、コイツ(白いワニならぬ、白い板)・・・

それにテレマーク・ビンディング等もね。

 

2017.11.10

SPARK R&D “CROSSBAR CLIPS”

今季Newの”CrossBar Clips(¥8,500+税)”。
店頭入荷分も無くなり、早速再入荷しました。
まあとにかく、機能と構造とが絶妙な仕組みで具現化された逸品。
最近とみに日進月歩の激しいのがSPLITBOARD関連ですわな。

★来週半ばには、SpeedRail(SPLITBOARD用バインディング)等Voile製品もいよいよ入荷。

2017.10.24

11/中入荷予定:Voile SPEEDRAIL

SPLITBOARD向けが続いた。その流れで下記も。


入荷が遅れているのがVoile社製品。現在の状況だと11/中頃を予定。ご興味ある方、もうしばらくお待ちください。

さて、特に当店で昨年入荷分から人気なのがSPEEDRAIL(写真)。
フックに掛けて反転すればツアーモード。Voileお得意のスライドさせての装着が滑走モード。この一連の操作がとてもシンプルかつ安心感も大。ちなみにスライドしての装着は「ヒール側から」というのがポイント。

動画(16-17モデル)

昨年モデルにマイナーチェンジが施され、今季ハイバックやヒールユニット(ヒール固定可に変更)など細かい点ながら市場のニーズに合わせてきました。

UNIONは新時代の幕開けだし、このVoileは老舗ならではのシンプルさ、それにSPARK R&DやKARAKORAMらの中堅も引き続き開発に余念がないし、まだまだ当分は各社刺激的な製品をリリースしてきそう。

で、どれを選ぶか?
まあお好きなモノをどうぞ、というのが正直な感想。

※醤油ラーメンだったり味噌ラーメンだったり、それに博多やら家系やら凄くいろいろあって、どれにも良さがあるように「誰が美味しいと言ってた」ではなく「自分」ですからね。そんな感じ。あまり”成分分析”し過ぎても違うんじゃないかと。最近「無化調」には魅かれますが、それはまた別の話。

2017.10.14

お店が賑わう時期

狭い店内がいつにも増して狭くなる、毎年恒例のそんな時期になった。
TUNE-UPのお持込みと引渡し、ウエアのリフレッシュ(クリーニング)、ベースレイヤー、ゴーグル、バインディング、DVD、etc

さて、写真はポール。共にbca社製品でSKI用とSBバックカントリー用。SKI用はグリップが秀逸。幅広の最上部がスクレイパーのように使え、ハイク時に板に積もる(こびり付く)やっかいな雪の除去を考えて設計されている。SB用はコンパクトかつしっかりとした作りが◎

そんな商品やら”UNION EXPEDITION”の説明などもしつつ、閉店間際に古くからのお客さんが4FRNT Hoji(TUNE-UP)を持ってきて、しばし昔話も含めて色々と雑談。いや~今日はおおいに賑わいました。

2017.10.12

G3クライミングスキン他も届いた

日々、納品ラッシュが続く。入荷してくるものは、どれも「イイ仕事」をしてくれる品々だ。
このG3のスキン(写真はSPLITBOARD用)なんかも、通常のものに加えてハイトラクションの2タイプがあり「初中級者(←2枚板での歩行が)」にも優しい。※「歩き方(スキンの噛ませ方)のコツ」は店頭で販売時にしっかりとご説明します。

ステップソールの板にだけではなく、実は快適な滑走が楽しめるブーツがSCOTTのEXCURSION。サイズもそろっています。いつも例える「裸足で波乗り」のごとく、この”しなやかさ”が滑りにおいて実は重要なカギ。

他にクライミングスキンの「貼り替え用シート」等も入荷してきた。ついベトベトにしてしまった方。ご相談ください。

スプリットボード・バインディング

・・・こう続くと、冒頭のタイトルについても少し意地ですね。今回はSPLITSNOWBOARD用です。

UNIONから今季登場のプリット用バインディングが入荷。
カーボンの軽量タイプ(写真)と普通の2タイプあり。
御大”ブライアン・イグチ氏”らが関わって誕生したモデル(ゆえに私のようなものが偉そうに言えることはありません)。そして現段階で他社製品と単純に比較することも避けときます。これはコレです。
写真のようにハイバックも後方に開き歩き易そうだし、見た感じが普通のバインディング然としているのも◎。かなり楽しみな存在。

スプリット用バインディングだと、Voileは11月半ば過ぎには入荷予定。他、SPARK R&DにKARAKORAMも取扱いしています。

2017.09.22

K2 ASPECT BOOTS

TT Snowsufer(週明け入荷予定!)が名前の通りしなやかなスノーサーフ仕様なのに対し、このASPECTはカチッとした本格的なバックカントリー仕様。昨年も好評で今季も継続モデル、とても完成度が高い。
Boa Condaが足首をしっかりとホールド、オーソドックスなシューレースが微妙な調整と同時にスタイルを具現化。もちろんVibram Mountaineer outsoleがしっかりと雪面(地面)を捉えてくれるので、クランポンを使用するようなハードな条件下での歩行も◎

★26㎝(US8)、27㎝(US9)は現在店頭にてサイズ確認可能。

当店で人気、信頼のGRIVEL社”エアーテックライト・ワイドニュークラシック”(片側310g)を装着。これはつま先がワイドかつ軽量なSBブーツ対応モデル。スプリットボード&クライミングスキン、そこにこうしたブーツアイゼン(ブーツクランポン)だと最強か。※この場合「山に対するしっかりとした技術」が必要。

ご安全に。

2017.07.01

SB TUNE-UP

クルマとバイク、基本的に同じ道路を走りながらもライン取りが異なる(※すり抜け等は別にして)。スキーとボード、これについても言えて同じゲレンデを滑走しながらもライン取りが異なる。どちらにしても、その特性(特徴)をお互いが理解することで事故を減らすことができる。いわゆる「予測」というやつ。

DVD『Downchill』なんかもそうだが、最近は尖ったボードでのゲレンデ・カーヴィングも人気。要は横方向へと大きく回し込みながら身体を倒してのコーナリング、それこそバイクで言う”ハング・オフ”(昔で言うハングオン)ね。

当然それに向いたセッティングなんてのもあって、その辺りもTUNE-UPの際に考慮するのです。

SPLITBOARDだと、いわゆる”スキーモード”と呼んでいる「2本板状態での歩行そして滑走」が多くの方にとってネックとなっている場合が多い。慣れない2本板ゆえ「どこをどうしたら良いのやら…」というのが実情。でも文字通り「慣れ」という言葉にあるように、回数を重ねて(練習して)慣れるのみ。ただし、ポイントと言うかツボを押えての効率的・効果的なやり方が大切。
もちろんTUNE-UPに関しては、2本板にもなるとはいえ、あくまでも合せれば1枚板のスノーボード。それを基本にしながらも、細かな辺りはあれこれと話をしながら…仕上げます

Next »