2011.10.18

SPLIT BOARDのTUNE-UP

某メーカーのSPLIT BOARDですね。ちなみに同じブランドの板、現在数台TUNEでお預かり中。
写真は作業途中・・・で、出荷段階と途中まで作業した状態での違い。説明の必要はないですね。「何事にもおおらかで“おお味”の外国」と「いろんなことに繊細な日本」(と言っても私はとても繊細とは言えないけど、それでもこうなんだから・・・)の差と申しますか。確かに左の状態でもヤツラはとんでもないパフォーマンスを決めてくれることからも、どっちが良い、とかは言わなくてもよい事。言うのは野暮というものでしょう。

本音ですけど、結局「自分が満足」すればよいだけです。単にその違いがこの写真という訳。

2011.10.16

★TUNE-UP仕上がっています★

写真は昨日仕上がり分なので、まだお時間あるときにでもお越しいただければOK~なのですが・・・

既に仕上がり日(お引渡し日)をずいぶんと過ぎて“預けっぱなしに”なってしまっている方々、そろそろお願い、取りに来てくださいな。商品の入荷とTUNEのお持込も増えてきました10月も半ばです。

春あるいは夏からそのままの方~そろそろ~お願い。

続きを読む »

2011.06.16

TUNE-UP


シーズンも終了した(であろう)6月も半ば、店内には相変わらずスプリットやパウダーボード、スキー(&テレマーク)ではご覧のような太いヤツラが大挙して“来底”
しばしの「眠り」に入る前にTUNE-UPを施すんです。

※TUNE-UPをお持込の際には『PEAKS 7月号』ご持参ください。
※来期モデルのFAT SKI情報は『Bravoski vol.1』を!←当店でも販売中です。

2011.05.29

『Bravoski vol,1』と『ブルーガイドスキー vol,1』でメンテナンスの話

先日発売された両誌にて、板の簡単なメンテナンスについて取材を受けました。
あくまでも当店、フリーライド&バックカントリー向けのSHOPゆえ内容および表現については「レーシングや技術系上級者向けではなく」との前提でご理解ください。例えると当店のそれが「街乗り&オフロード対応(&快楽志向)」というのに対し後者は「サーキット&オンロード」という具合です。

店主の説明が稚拙なこともあり、表現などで編集担当の方が相当ご苦労されたかと思います。一人でも多くの人が滑りを楽しみ、その楽しさを周囲に伝播させて、結果さらにまたより多くの人に気軽に雪山滑走を楽しんで貰えれば良いなという企画。せっかくなので、その趣旨にあわせて気楽な内容にしてみました。以下は補足説明です。

チューンナップ以前に乗り物(道具)への適切なメンテナンスがあり、これはちょうど先のようなクルマやバイクでいう「街乗り」(≠レーシング&技術系上級向け)のイメージに近いものです。とはいえ、これすら突き詰めればなかなか奥深くなるのでかなり割愛しました。

続きを読む »

2011.04.08

TUNE-UP価格改定しました


平成18年4月1日以来据え置いていましたTUNE-UP作業工賃を、この4月より改定させて頂きました。

思えばこの2~3年でバックカントリー滑走を楽しむ方が格段に増えた。それに伴い板のメンテナンスのみならずBC関連のお問合せも増え、気がつけば多くのお客さんが集まり、また各地のガイドさんらとの交流(&情報交流)が盛んになり、BC講習(セルフレスキュー)等にも地味ながら関わり、当店もようやくこの世界で何とか認知されるようにもなった。TUNE-UPと言っても当店ではアナログな手作業。よく使う台詞(比喩)として「町のバイク屋(のオヤジ)がバイクを売りながら、メンテナンス(TUNE-UP)も施す」、そうして「情報や人や物を求めて、楽しい笑顔、幅広い年齢層、のお客さんが集まる」お店。店主が高校生時代に憧れたそんな店。つまり、ワークスでもなければ手広く展開する有名SHOPでもない・・・そんなガレージSHOP。

まだまだ至らぬ点が多々ありますが、こういう時代だからこそ「この遊び」の真髄を更に追いかけて参ります。

写真)BOTTOMLINEの看板ネオンサイン。ただいま消灯中の毎日。

2010.12.17

TUNE-UP:年内仕上りは12/23(木)受付分まで

今年も残すところ「10営業日半」、あっという間にもうそんなです。
今年もお世話になりました。

さて、TUNE-UPの年内仕上りの受付日にご注意ください。

最終受付:12/23(木)→お渡し12/27及び28です。

===年末年始休業===
〇12/28(火)年内最終営業日

●12/29(水)
●・・・年
●・・・末
●・・・年
●・・・始
●・・・休
●・・・業
●1/5 (水)

〇1/6 (木)年始営業開始

続きを読む »

« Previous