2020.10.02

Liquid waxの時代

出来るだけ「環境への配慮」が求められる時代。最近だと、レジ袋に代表される資源ゴミの扱いや電力が話題の中心になっていますね。

××× ゴミと電気 ×××

滑走を楽しむ者にとってそれは、さしずめワクシングが該当しますかね。その辺りも土台にあってか、各社Liquid waxを推している。もちろんこれ、従来からある簡易ワックス同様「液体形状」とはいえ実際のところ別物。技術開発も進んでいるんですね。

左がMAPLUS社(イタリア)、右がBLENDS(HAYASHI WAXで国産)。とりあえず当店、Liquid waxは現在この2つを店頭に置いています。

どちらも使い方は簡単。専用スポンジやフェルトで塗布し、乾くまでほんの数分間放置。その後、ブラッシングで完了。「固形&アイロン」よりも若干持続力は弱い気がするが、簡単かつ即座に対応出来ることから、そうした点は帳消しですね。(スクレイピングで出る)ゴミと(アイロンの使用による)電気、これは確実に減らせます。

※お預かりしました「TUNE-UP作業の最終段階でのワクシング」、こちらはさすがに従来通り、アイロンでのホットワクシングを行っています。

2020.09.26

goggle soc

今シーズンのゴーグルソック。ご存知”POW”をメインに「和柄」を揃えてみました。寿司はご愛敬ということで。

でも、このお寿司の持ち方、やっぱり海外モノゆえ少しばかり変ですね。これだとたぶん崩れる。手でなく箸を使う場合、シャリとタネ(ネタ)を縦長方向を挟み込むように箸で掴み、醤油皿にはネタ部分だけに軽くつける感じか(難しいね、言葉で伝えるのは)。ついつい文化ゆえ、野暮なことを書いてしまった、スマンw

でも、それはそれとして今回の「和柄」、とても良いです。スキマ商品ながら超便利なコレ、ぜひお見知りおきを。

2020.09.21

9/23(水)~25(金)は連休します

水曜日は定休日。次いで木金と所用で臨時休業いたします。

2020.09.08

スキーやスノーボードのワクシング

9月、いよいよ冬の準備が始まる頃。

本格的なメンテナンスやTUNE-UPは当店のような専門店の仕事ながら、シーズン中の日々のワクシング等は各自の手元で行う作業。次の滑走を楽しみにしながらの、言ってみれば愉しい自分だけの時間。そう、ここで愉しむ為には、この作業が苦痛であってはいけません。

で、必要となるのが作業台。折り畳めるタイプが便利なうえ、こちらはスキーにもスノーボードにも使える万能タイプ。ワクシングだけではく、簡単な調整・・・例えばエッジの錆びやバリ取りにも便利な”使えるヤツ”

※店頭の「展示品特価」もあり。

2020.09.01

Not handling・・・BCクロカン

“テレマークスキーでの滑り”が好きで、しかも(勝手に命名した)オルタナティブな「滑り(方)」がこれまた好き、ときたもんだから、いわゆるBCクロカンは取り扱っていない(Not handling)のです。

でも細い(narrowな)スキーに3pin&leatherブーツの組み合わせは大好き。なので、こちらのセットは取り扱っている。でもこれは、先のものとは似て非なるもの。???分かる人には分かる…それで良いです。

基本的な取扱いのメインはこちら。写真のようなステップソールのテレマークスキーにexcursion(柔らかいプラブーツ)に3pinのセットアップ。春のザラメが特にとろけるほど心地よい、そんな乗り物。

写真は旧モデル含む年式違いの3台。繰り返しますが、脳や五感がとろけたり、シビレたりする、そんな罪な乗り物がこれです。

要は私が愛してやまないテレマークスキーとはこんなヤツら。最新のハイテク感漂うテレマークスキーのセットは、ローファイ&アナログなワタクシじゃあとても使いこなせない、そういう理由から基本的に置いていない。まあ「お取り寄せ」ですね。

昔のキャブレターのバイクを彷彿とさせる75mm&ローファイブーツの組み合わせ。でも乗り方については「懐古趣味」ではまったくない(ここ大事)。回転数が低くても、いや低いからこその楽しい乗り物。

9月に入ってまた冬が見えてきた。

珈琲もう一杯

久しぶりのホットコーヒー。なにせ猛暑でしたからね。

「水だしアイスコーヒー」に「コーヒーフロート」、「ハニーコールド」などの季節もまもなくお仕舞いかな。

“ホット珈琲(の味)”がなんだか懐かしい。ホットの季節になれば、数種類の豆を再びご用意。

今日の東京は、特に秋の足音がよく聞こえました。

2020.08.31

9/1(火)は16時から営業

都合により、明日9/1(火)は16時から20時営業です。宜しくどうぞ。

今季もVOILE Hyper V-Tail SPLITBOARD

使用回数こそ昨季の状況から少なかったけど 「非常によい感触の連続」で、今後ますます乗り込んでいくのがとっても楽しみな”Hyper V-Tail”splitboard。今季も”当店らしさ”に色を添えてくれる存在です。←160cm、170cm、180cmの3サイズを店頭にて取り扱い。※190cmは入荷予定なし

外側内側共にスラントサイドウォール形状なのは”キャップ構造”ゆえ。それもあって軽量なボードに仕上がってます。このサイドウォールもあって2枚に分割した状態はさながら”スキー形状”。まだVOILE社のみ?でしか見かけることの無いこれ。さすがSplitboardの老舗ブランド、いわゆる”後発”では出せない世界観が垣間見えます。

ところで、多くのスプリットボードユーザーに「ラスボス」として立ちはだかるのが、この2枚に分けた「スキーモードでの下り」。

「板を背負わず登りが楽だ」という誘惑(魅力)で手に入れたsplitboard。が、しばらくすると、そのラスボスの姿に多くのユーザーが戦意喪失、見事に壁にぶち当たる事多し。攻略法はある(それに対する”課金”はほんの少々…ふふふ)んだけど、そこに接する機会がなかなか無い。

splitboardの販売とTUNE-UPとに長年携わっている身として、接客時にここが毎年繰り返されるテーマ。お買い上げやTUNE-UPの際、店頭でも出来るだけ丁寧に話題に上げて話をするようにしています。

シーズンまで約4ヶ月。準備にはまだ時間あり。

2020.08.27

LADEclothingビーニー:サンプル到着

今回は(主宰の会田氏が不在ながら)サンプルをガッツリとお借りしての受注会を8/28~31まで。お使いのゴーグル持参もアリです。

防水透湿素材のNEWモデル(写真手前)もご覧頂けます。

時節柄”変則的な開催”となりますが、この冬の妄想をでっかく膨らませながら選んで下さいな。

SWEETPROTECTION ヘルメット

発売中の『FREERUN』カタログ号でも、ちょいと紹介させてもらったヘルメット。”テリエ”のモデルGrimnir TEは在庫なし。でも、このモデルのベースとなったTrooperの昨年モデルを、現在店頭でSALE価格にて販売中。

このTrooperもこめかみから上部にカーボンが使用されているので、人気と実力共に兼ね備えたヘルメット。安全を買うだけでなく、カッコよさも当然の必須項目。ここ大切ね。

« Previous | Next »