Home > お知らせ

2019.05.25

5/25(土)~27(月)は臨時休業

臨時休業です。

ご了承ください。

2019.05.22

立山

今日の室堂

嵐が過ぎさって、今日から全国的に「高温注意の予報」が週明けまで続きますね。日焼け対策をしっかり準備して行かないとな。火脹れ、火傷、ヤバイです。

しかし、高温が続くとなると何処まで雪が減るのか・・・まだ、6月もあるし。

しかし、まさにステップソール様々な季節でございます。この心地よさ、たまらんのです。

https://www.alpen-route.com/live_camera/murodou.html

2019.05.21

シャッターを少しだけ開けて…営業。

凄い雨、というかなかなか強烈な風雨。
しかも店舗正面から吹き付けているので、しばらくシャッターを少しだけ開けての営業。風雨が落ち着くまでご了承ください。

2019.05.20

K2 MIND BENDER

来季のモデルチェンジ。シリーズ名はMIND BENDER。性能のみならず色気もあるスキーとブーツ、これがなかなかにK2らしい。

ほぼシーズン終了となり「来季買い替えなんだけど、何か無~い?」という方にお勧め。完成度も高いシリーズです。

言うまでもなく業界のメジャーブランドの一角を占めるK2社。とくに、ここ数年のプロダクトには「ほぅっ!」と思わせる物が増えてます。ま「本気」っちゅ~ことか。

2019.05.19

4,400万円のヘルメット

世の中には「40万ドル(およそ4400万円)という高価なヘルメット(F35ステルス用)※」なんてのもあるのですが、当店で扱っているSWEET PROTECTIONのヘルメットも、一般滑走用としては他と一線を画する価格帯(400ドル=44,000円くらい)がメイン。特にカーボンが使用されたスタンダードなモデル(当店で扱うメイン商品)などがそれです。

19-20シーズンからロゴが変更となりました。その変更前のロゴのいわゆる旧モデル、こちら数個ですが現在特価SALE中。←もちろん色とサイズはあるもののみ、かつ店頭販売限定が基本です。なお、シーズンも終わり今季モデルも少しお安くなっています。

SWEETなどの外国ものは特にサイズ選択が難しい。公式サイトで確認できる「外周何㎝」というデータも、頭の形状が縦長の欧米系に対して、横に幅のある日本人(アジア人?)だと当てはまらない場合が多いからです。それもあって通販は基本NGで店頭にて、となる訳です。ご理解ください。

塗装のないカーボン剥き出し”GRIMNIR”はテリエのモデル

※軍事機密満載ですからね、機体本体のみならず「そりゃヘルメット1個」ったって海中から賢明に探すわな。

見た目も凄いな

2019.05.18

ウエアのリフレッシュ(クリーニング)も受付中

酷使されるウエアたち

板のTUNE-UP同様、ウエア類もオフシーズンにリフレッシュさせるのがお勧め。専用洗剤を用いて自分でも出来ますが、ここはやはり「専門業者(≠町のクリーニング屋さん)」に任せてしまうのが〇。様々なハイテク素材が使用されているウエア類ゆえ、そうした生地に精通しているのがここで言う「専門業者」。やはりプロは違います。

納期は月末までに集まった分をまとめて上記専門業者に送り、翌月末に仕上がってきます。※皮革製品(グローブ等)やダウン類、ほかにも修理アリの場合などはもう少しお時間を要します。あらかじめご了承ください。

2019.05.13

LADEclothingビーニー受注会

来月6/22(土)に行います「LADEclothingカスタムビーニー採寸受注会」のご予約について。

http://www.ladeclothing.com/simulator/

今日現在のところ…

12:00~12:30   Nさん予約  
12:30~13:00  
13:00~13:30
13:30~14:00  Mさん予約
14:00~14:30  Sさん予約
14:30~15:00
15:00~15:30  Wさん予約
15:30~16:00  Aさんグループ予約
16:00~16:30  Aさんグループ予約
16:30~17:00  Aさんグループ予約
17:00~17:30
17:30~18:00
18:00~18:30
18:30~19:00
19:00~19:30  Yさん予約
19:30~20:00

★おひとり様約30分ほどにて採寸と糸の色及びモデルを選んでの発注。納期は11月半ばで、お支払いも納品時です。

★6/20(木)~25(火)はMOUNTAIN SURF(ウエア)の展示受注会も開催。こちらもLADE同様「色(生地色&ジッパー色など)やモデル、サイズ」を選んでオーダーするカスタムウエア。

MOSSからコーチジャケットが、

街着から雪上まで気軽に使えるコーチジャケット、MOSSからリリースです。価格は¥11800+税

インポートサイズゆえ少し大きめなコチラ、用途でサイズを選択しましょう。


店頭ストック分は僅少予定。お早めにご連絡お待ちしています。

2019.05.11

滑走予定は立山を残すのみ


先日の超大型連休にて、ほぼ最終コーナーを回った感じの今シーズン。残すは最終週と来月上旬の立山を残すのみ。みす〇〇苑じゃないけど、”怒涛の”(←関東限定ネタ?)という感じで今シーズンもついにここまで来ました。

特に今年はステップソールスキーを”新しい切り口で、新しい層に”という試みにトライ。数回のゲレンデ・レッスンも行った。やるとなると、いろいろと思う所も大でしたね。これも実際に現場に行かないとダメ。まさに「トライアル&エラー」、こちらの経験値も高まった。まだ早いけど来年も、というか来年以降も継続して広げていくつもり。

開店時からずっとボードとテレマーク、そしてスキーと分け隔てなく扱い接してきた。※上の写真(先日の八幡平ツアー)にはスプリットボードも居て、その全てがある。
ステップソールスキーという道具を介して、それぞれの関係性(親和性)がさらにまた一段上がった感じがする。そこにおいて実はスプリットボードの存在が大きく、「黒船」的にエポックメイキングな道具というか乗り物なんですよね。

後半に足を運んだ鳥海山ツアーでも同じ。こちらにも先のすべての乗り物が(メンバーを半分弱ほど入れ替えて)集合。スキーヤー(今回はステップソールスキーヤー、ややこしいな)に”ボードのラインどり”も参考にしてもらいながら、結果喜んでもらえた。

店頭で話をする機会が多いのは仕事柄当然、話ばかりが先行してしまう、それは仕方のないこと。だからこそ、出来るだけ「現場に出て」ご一緒するようにしている。まあ、それを今季はまた少し広げられたかな?という話を、なんのことはない要は長々と書いたということ。

そんな感じなのですが……さてさて、立山はどうかな?

https://www.alpen-route.com/live_camera/murodou.html

2019.05.07

帰京

今回のツアー、連休半ばからの好天で”楽しい時間”をお客さんたちと過ごしてきた。

写真は八幡平。
ガイドのナイスな判断で、降雪の中の移動後はこの通り。シビれました。

本日から営業開始ながら、明日は定休日で明後日もステップソールスキーの講習で臨時休業。ご了承ください。

« Previous | Next »