Home > お知らせ

2021.02.19

花粉と滑走とWAXと…

ここ数日の大量降雪と今後の気温上昇。花粉達もここぞとばかりに飛び始めたようです。花粉と言えば、まず「杉花粉」が思い浮かぶけど、もう少し先、本格的な春のBCシーズンにはブナの花粉などが残雪面を覆うようになる。

で、花粉と滑走。黄砂も当然無視出来ないけれど、特にBCにおいて、もっと厄介なのがこの花粉だと個人的には思う。

だがまずは、雪面に水分が増える。水を弾きたい。雪面に汚れが溜まる。汚れを除去したい。
簡単に言えばこれ・・・

春向けのワックスを使う。これを基本としながらこれからの季節を過ごし、次いで残雪期に入ったなら「現場でのこまめな汚れ除去」これが大切となる。汚れの除去にはブラッシング。それでも取れない”花粉がタール状に滑走面に付着した場合”はスクレイパーを使用。コイツをこそぎ落とす訳です。

ということで、これからのシーズンは春向けのワックス、そしてブラシやスクレイパーも携帯に便利な小さめのモノ・・・写真のBlends・・・お勧めです。

右端はAg(銀)を成分に使用した当店オリジナルの生塗りWAX(ペースト)。

上記以外にも気温の上昇により、ストップスノー(ノッキングスノー)も出始めています。こちらはヨゴレや水分ではなく「雪面側が毛羽状になっているときに出現する」と考えられます。この毛羽が“滑走面を捕まえて離さない”結果、ノッキングが起きる。おそらくそんな感じのようです。滑走面の毛羽ではなく、雪面側の毛羽、ということですね。※この考え方は完全に解明された訳ではありません。念のため。

花粉については標高や植生、更には花粉自体の持つ性質、この辺りも知っておいて損はないですね。自然の理解にもつながります。

2021.02.11

INTERSTYLE2021

次週、2/16(火)~18(木)は一般参加者入場可能な展示会『INTERSTYLE』がある。

TJ BRAND、greenclothing、UNFADGE、等々。

時節柄、当然”感染症対策”を行っての開催。お祭り気分とならず、大声を出さずに粛々と来季モデルをご覧頂ければ何より。

世界的な”コロ吉騒動”ゆえ、来シーズンに向けての各国の需要と供給も予測出来ず、また余剰生産のロスも減らすという昨今のエコ的な観点からも、従来とは多少流れが変わって来るようにも感じています。

私自身も、出来るだけ永くお手入れ(メンテナンス)をしながら愛着を持って使える、そんな飽きのこない製品を扱いたい気持ちは以前と変わりません。まあ自然体で出来る範囲で、ですけどね。

ご質問やオーダーなどありましたら、店頭でお声をかけてください。

2021.02.08

絶版Telemarkブーツ”EXCURSION”

旧GARMONT時代から続く”生きた化石”のようなブーツがこのSCOTT EXCURSION(MADE IN ITALY)。すでに本国での生産も終了し、当店も店頭ストック分でおしまい。

ここ最近でまたずいぶんと減りまして、いよいよ各サイズ1足という感じ。ステップソールのセットに無くてはならない存在とも言える名機。まだ先の春を想像してお早めに。

2021.02.07

いわゆるbefore・afterってヤツ

スノーボードやスキーの”街のチューン屋”稼業をしています。「特別ハイスペックな何か」はあいにく持ち合わせていません。自分含む”民百姓達”が滑走を楽しんでもらえれば、それが何よりの小さな喜びです。


ギコギコされた凸凹の滑走面はリペア材でキズを埋めてゆきます。使用するのはキャンドルやすぐ溶ける柔らかい素材ではなく、ウェルダーという機械とポリワイヤー。今や”ひと時代昔”の、手間の掛かる効率の良くないやり方。だけど仕上がり後が硬く、ワックスも染み込むこの方法が最善だと判断し、相変わらず使用。カッコよく例えると、旧式の機械での生産にこだわる国産デニムのようなものか。

キレイになりました。ソールだけではなく当然エッジもバッチリ調整済み。多少年数は経っていても、メンテナンスの施された「乗り物」は、持ち主を楽しませてくれるようきちんと働いてくれます。

2021.01.30

まもなく二月

平日だからと言うわけではなく、やっぱり空いている今のスキー場。周辺の宿も含め今後が心配。街中の飲食店等と同じように。

現場(雪上・スキー場)に足を運ばないと始まらない商売ゆえ、昨今の感染症対策とやらをしての現地入り。スキー場も入口での体温測定、アクリル板に各所への消毒用アルコールの設置、レストハウス内での人と人との距離そしてマスク着用の徹底などがんばっています。「地元の雇用の受け皿」という側面も担うのがスキー場(と関連する施設や業者)。ただでさえ厳しいのが「地方経済」、背景にグレーな影がチラつきます。

昨年と違い、今年は雪がある。
だからこそ、そこを含めたマネジメントが真正面から試されている感じでした。

さて、先日の気温上昇でバーンはどこも硬め。さらに週後半に向けての低気圧の発達により風も強まり、なかなか手強い状況。TJ Shift59 flatcamberはまだしも、写真のスプリットですね。年末年始の関温泉は新雪斜面だったので素晴らしく気持ちよかったのですが、今回は苦戦。まあまだ下したばかり。TUNE-UPも追えていないゆえ逆に今回のハードパックされたバーンでまた一つその方向性が見えた感じ。もちろん、スワローテイルのこの形状のしかもスプリットボードです。「こんな硬いバーンで俺に何を求めてんだよ?」という嘆きが「足下の”W”から」聞こえていました。

ノーズ側接雪点当たりと、その流れで続くバインディング前付近までの足下の処理。同じく後ろ足からテールへと繋げる処理。この辺りをもう少し追い込んでいかないと…。繰り返しますが「パウダーでは形状的にもう最高!」の一言です。

2021.01.14

変則営業と臨時休業

オンラインでの展示会もあるのですが、物を見たり触らないと来季モデルの判断が出来かねる部分もあるので、実際に足を運ばないと商売になりません。そんなわけです。

2021.01.07

2021

本日1/7より新年の営業開始。

営業時間:12時~20時
水曜定休

改めまして本年もどうぞよろしく御願い申し上げます。

2020.12.24

年末年始休業

12/28(月):16時にて年内営業終了

1/7(木):12時から年始営業開始

※1月から営業時間は12時~20時と変更です。お間違いのないようお願いします。

2020.12.13

MOUNTAIN SURF入荷

受注生産のカスタムウエア「MOUNTAIN SURF EQUIPMENT」。入荷しました。

キャップも少しだけ?在庫があったみたいなので、それも少量ですが届きました。

2020.12.11

LADEclothingカスタムビーニー(受注分)到着

今も巷に蔓延るコロ吉の影響で、夏場の採寸会もやむを得ずに中止。とは言うものの、当店でもファンも多く、今回は基本に乗っ取って久しぶりに私が採寸(←最近はLADEの会田さんに任せっきりでした)

多くのオーダーも頂き、更に既製品の新製品”NAVIGATOR”も登場、結局毎度のようにとても盛り上がった今季のLADEclothing。採寸オーダーされた方、お待たせ致しました。明日以降お渡しできます。

で、改めて先日ひと足先に届いたニューモデルのNAVIGATOR。とても良い出来なのはさすが。ニットと違い防水透湿素材ゆえこの二つ、キャラも被らず使い分けると快適ですね。

年内のTUNE-UP等の受付は終了しました。年末年始休業については当ブログ右上をご確認下さい。

« Previous | Next »