2016.12.02

HESTRA 3FIN GLOVE

dsc_0343

GORE-TEXではない方の3FINは、写真のようにカラフルな色が魅力。インナーが取り外せるこちらのタイプも実際のところ雨でないかぎり”浸みてくる”ことはほぼありません。暖かさは申し分なし。何より使い込んだ後のレザーの質感が◎

今年は写真の2色に店主”ビビッ”ときました。

※GORE-TEXの3FINももちろん店頭に並んでいます。

年末年始関温泉スキー場

IMG_20150101_154520

忙しさにかまけて何も進めていませんでしたが、今年も年末年始は関温泉かな?と。今の予定だと、12/28(水)は営業(年内営業最終日)して、29(木)~1/4(水)まで年末年始休業。

関温泉には12/30~1/3を予定。
こんな感じゆえ、いつものように合流希望の方「お早目に」ご連絡ください。

※グリーンヴィラで相部屋でお支払も各自、現地で合流とは毎度の感じです。

年末年始、今年は雪多そうだな…。

2016.12.01

TUNE-UP「年末進行」につき、その2

img_20161201_212002

いよいよ12月に突入。
とても納期について「安請け合い」などできる時期ではありません。ぎちぎち、ギリギリの毎日。ご容赦ください。マシンを動かしている時には、電話にも出られません。悪しからず。

写真はサンディング・ベルト。
この時期は、とにかく仕上げる板がとても多くなり、当然サンディング・ベルトの摩耗も激しい。で、状況を見ながら都度手配するという訳。これの番手を替えながら板を磨いていく訳なのです。仕上げ用のベルトを通したあとの滑走面、それはそれは”黒光り(もちろんブラックソールの場合)”してとても綺麗です。もちろん”コツ”というものがあるのは何にでも言える事、トルクフルな動力(200V)のサンディングマシンも使いこなせなきゃ、ただの箱。各お店さん毎にそれぞれ「考え方」や「やり方」があって、それがお店の「個性」を生みます。

同じくヤスリ(ファイル)も消耗が激しい時期。
こちらも色々ありますね。番手以外にもメーカーや生産国でも差が大きいのがこのファイルというやつ。これまた使いこなすのに慣れ、というか「こなした台数」がものをいう。

そしてリペア材も大切。
うちではウエルダーという機器を使用して滑走面のキズを補修。これだとホットワクシング時に補修した箇所にもワックスが染み込みます。リペア材によってはワックスが染み込まないタイプもあります。主に海外のレンタル用などで多く使われるタイプ。日本でもそこそこ使われているようです。そうそう、キズがひどい場合には部分的なソールの「切り貼り」なんてこともします。

今時期はそんなこんなの日々がひたすら続きます。

2016.11.29

TUNE-UP「年末進行」につき

1408173757163

現在非常にお持込も多く、また11月恒例の「TTYM滑走」を終えてハードなダメージを受けた板のお持込も増えました。かなりタイトかつタフな状況です。そのためちょっと作業進行の先行きが読めなくなっています。お買い上げの板のプレチューンもあり、今お持込頂きました場合「12/26(月)~28(水)=年内最終営業日(予定)頃」という仕上り状況。ということは「年末ぎりぎり」ですね……でも何卒ご了承くださいな。

※今後の作業の進行次第ですが、もしかしたら仕上り日程に「もう少し余裕が出る」かもしれませんし、出ないかもしれません。ごめんなさい。

2016.11.28

シーズンを前に滑走道具の確認を

bis

TUNE-UP作業をしていて見受けられることが多いのが、ビスの緩みやケーブルの破断状況等々です。
写真はテレマーク(G3タルガ)のビンディング。下の写真では金属プレートが少し浮いているのが判かります。こうしたビスの緩みを放置しておくと事故・怪我の元。ぜひシーズン前にくまなく確認をしましょう。

もちろん、テレマークのみならず他の滑走用具でも同じ。
緩みやすいビスや可動部分、プラスチック部分の割れ、等々いろいろ実際に動かし、目視して動作状況の確認をお勧めします。クライミング・スキンの粘着面の確認も大切。

結局怠った点はすべて自分に返ってきます。

2016.11.27

『山とスキー 2017』(山と渓谷社)

ymtski17
昨年発売され「ヤマケイらしい丁寧な内容」と評価の高かったMOOK『山とスキー 2017』(¥1,300+税)が今月28日に発売。
見本誌に目を通しましたが、用具の選び方から始まり、歩行と滑走の基本そして後半にベーシックなコースガイドが掲載されていました。誌面の派手さはないけれど、ヤマケイらしく腰が据わった感じが伝わってきます。もちろん、安全面にしても何にしても「自分自身」が主体的になることが大切ゆえ、こうした誌面に多くを求めすぎるのはお門違い。そういう意味でもBASICな点に絞っているのは好感が持てました。ぜひお近くの「書店」で。

★XV(ザビエ) ACTION VEST★

arvaxv2-2

ARVA社から発売されているのがACTION VEST XV。ようやく入荷です。
“XV”とザビエの名を冠したバックプロテクター搭載のベスト。もちろん取外すことも出来ます。それに何よりたまらなくカッコいいデザイン。裏山(&春山)はもちろん、ゲレンデ流すにも最適だし、レストハウス等で脱いでももうバッチリ過ぎる色&デザイン。
そして背面には・・・

arvaxv2-1

・・・”RECCO”の文字。
まあこれ自体に過度な期待はしないけど、付いている分には特に邪魔なものでもないのでOK。

正直ガッツリと他者を威圧するようなプロテクターは年齢的にもNGだし、そもそも遊びの方向性がナチュラルなものゆえ、その辺りがなかなか、ね・・・というマーケットを見回した中、コイツはとっても素敵でありがたい存在です。実はちょっと今年「店主いち押し」のモノです。

***************************
ARVA社 ACTION VEST XV
¥17,000+税  ←えっ?
サイズ:S,M,Lあり
※サイズ感も「日本サイズ」といった感じなので男女問わずいけます。
***************************

フロントはスナップボタン&ジッパー仕様。
バックプロテクターを外しても、腰回りに身体を拘束しない幅広の伸縮ベルト搭載。

他にもARVA社製品で大好評のインナーグローブ「インナーグローブ・タッチ」や「バラクラバ・エクストリーム」も同時入荷。どれも価格に比して”性能の良さが魅力”なブランドがこのARVA社製品です。

2013-11-30 14.53.41

XVの感じ、既に絶版のこれを思い出します。

2016.11.26

PlusOneWorks BackPack

POW
独自の世界観でプロダクトを続けるブランド。
ニューモデルも登場し、ますます一般的なテクニカル系デザインのパックとは一線を画す存在感がいい味を出しています。Shumari35とIrwak38辺りを中心に…。

※昨年モデルもSALE価格で店頭にあり。

2016.11.25

あと1か月ちょい、そして

お店に並ぶ商品も、お持込のTUNE-UPも今がピーク。もちろん、お買い上げの板のPRE TUNE-UPなどについても同じこと。これから年末まで怒涛の日々が続くのです。

とりあえず12/17(土)は夕方から忘年会@POWERS新丸子。既にゲレンデもOPENしている時期だし、ライディングキャンプ等も始まっているので、今年は貸切にせずテーブルの予約のみで行います。これだと通常メニューを単品で頼めるので、貸切パーティーと異なり色々な料理を楽しむことが出来ます。テーブル予約を入れる為、参加の方はbottomlineまでお早目にご連絡を。

年末年始は…多分いつもと同じになるか、どうするか…忙しくてまだ考えられません。
かれこれ毎年の年末年始”10年ちょい”を関温泉で過ごしています。

1月も半ば過ぎには和田小屋貸切イベント、2月上旬には岩木山、3月連休は檜枝岐、その翌週は感謝祭@関温泉(予定)、GWは鳥海山(予定)という感じか。これら以外にも単発で企画を考えたい…。

171123mimi
「みみずく」は本物。一応「フクロウ(=不苦労)」という縁起を担いでいる模様。

2016.11.23

11/23(水):15時~21時営業

水曜定休ですが、15時から営業。

明日木曜日は代休です。

 

Next »