Home > お知らせ

2017.01.12

臨時休業明け、来週末も臨時休業です

DSC_0539(1)

3日間ほど試乗会で留守にしていましたが、昨晩帰京。
写真がその現場で”人がいない”かつ”晴れた瞬間”の写真です。雪は少なかったけど問題なし。
いろいろな板に乗りブーツも履き、人と会い、濃厚でとても有意義な時間を過ごしました。

で、戻ったと同時に来週末の和田小屋イベントの準備。
大人数でしかも当店としても初めての試み。参加者からの正式な申込みもほぼ頂き、今日現在で人数なども問題なし。残すは10日弱。いよいよ本イベントも最終追い込みに入ります。

2017.01.07

1/21(土)22(日)★bottomlineワンナイトFES@和田小屋★

wadagoya

年が明けたら”あっ”という間に「七草粥」に「お焚き上げ」だ。で、その次には当店の大きなイベント「和田小屋」が迫ってくるのでありました。※既に新規募集は終了(キャンセル待ち多数)。

中身は何かといえば「お客さん」と「当店と関わりのある各方面の方々」と”一緒に過ごせる場”ということです。普段なかなか一緒出来ない皆が一堂に会し、滑り、そして宴を繰り広げるというもの。まあパーティーですね。

「パーティー」ということゆえ可能なかぎりいつもの面子で固まらず、積極的に新しい出会いを楽しんで欲しいのです。どうしても「気後れ」してしまったりがあるとは思うのですが、それではせっかく当店を利用している意味も半減してしまうのです。しかも「一晩を一緒に過ごす」訳ですからね。旧知の方々とは”あえて”挨拶程度にして「名前だけ」知っている人や「見ず知らず」の人達と果敢にコミュニケーションを取ってみることをお勧めします。

1617%e6%ad%a3%e6%9c%88%e9%a3%be%e3%82%8a

さて冒頭の「お焚き上げ」。
最近は火の始末などの関係もあって街中の神社などでは行っていませんね。その場合には自宅で塩で清めて…で良いそうです。写真は左から時計周りに「店」「自宅」「TUNE-UPマシン(当店の稼ぎ頭)」用ですべて国産(魚沼産品)。プラスチック等がほぼ使われていないシンプルな「お飾り」。

ところでコチラにこんな文面が…「露店等で購入された…縁起物には御神霊(おみたま)は入っておらず、お焚き上げの必要はございません。分別して、(以下略)」とのこと。なるほどね~。そして「お焚き上げ」≠「どんど焼き」だそうです。

2016.12.14

木金は通常営業、17(土)は16時閉店

今週の土曜日は営業時間を短縮、12時~16時営業です。
何卒ご了承ください。

今回は諸事情により”しっぽり開催”となった忘年会、一応15名MAXで席キープ済み。
1段下の「フロア」は大人数での予約が入っているらしく「多勢に無勢」な状態ですが、まあレギュラーメニューを堪能しながらくつろいだ感じで楽しく飲みましょうや。

※1月の「和田小屋貸切イベント」が70名弱の「大新年会」みたいなものですので、大騒ぎはそちらでぜひ。

 

2016.12.09

年末年始の関温泉の件

gv160207
写真:16年2月7日のグリーンヴィラBLOGより拝借

先日お伝え済の年末年始関温泉合宿の件。
昨年参加の方は、パスワードは昨年の末尾を1617に変えればOKです。

☆この冬は関温泉スキー場の降雪も”本気”出すんじゃないかな。

 

2016.12.04

年末年始関温泉、追記。

DSC_0355

先日お伝えしました恒例「年末年始関温泉合宿」の参加希望者記入ページを作成しました。こちらへの記載にはパスワードが必要です。参加希望の方は当店までメールを下さい。折り返しパスワードを返信いたします。

※関温泉スキー場割引券は店頭にあり
※グリーンヴィラ宿泊割引券もあり ←上記イベントでは不要です
※イベント参加費は不要。宿泊費、リフト代、食事代などは各自精算です。

2016.12.02

年末年始関温泉スキー場

IMG_20150101_154520

忙しさにかまけて何も進めていませんでしたが、今年も年末年始は関温泉かな?と。今の予定だと、12/28(水)は営業(年内営業最終日)して、29(木)~1/4(水)まで年末年始休業。

関温泉には12/30~1/3を予定。
こんな感じゆえ、いつものように合流希望の方「お早目に」ご連絡ください。

※グリーンヴィラで相部屋でお支払も各自、現地で合流とは毎度の感じです。

年末年始、今年は雪多そうだな…。

2016.09.06

樋貝吉郎氏『It’s your TURN』vol.3 発売中、そして・・・

DSC_0967

既に3冊目となるピンナップマガジン。写真家自らが製作しただけあってコトバを排除したソリッドな作りが小気味いい。主題となっている”TURN”という”記号”から、本誌を手に取る側が勝手に感じ取り、嗅ぎ取り、そして紡ぐであろう世界をあれこれ想像出来て愉しい。
¥1,000+税

その樋貝氏のセッションもある、当店が日頃の御愛顧に感謝し常連さんを主たる対象とした1泊貸切にて行う雪上イベントが「1月の和田小屋貸切」。

9月に入り、だいたいの面子が見えてきました。
なにぶん、初めての試みゆえ「どうなるのかな~」というワクワク状態(個人的には特に「夜の宴会」)。豪華なセッションメンバーも更に増えました。何かにつけて当店とお付き合いして頂けている有難い方々に感謝。

・樋貝吉郎氏(フォトグラファー)
・久我博道氏(SARC主宰、テレマークスキーヤー)
・小番直人氏(MOSS SNOWSTICK、TheEarthofJoy主宰)
・佐藤将彦氏(MOSS SNOWSTICK、フォトグラファー)
・五十嵐和哉氏(K2&bca、プロスキーヤー&ガイド、ドルフィンズ)
・WARP(SBガイド)※ヒロ君の予定
・河野京子氏(元PSAプロスノーボーダー)
・岩崎龍大氏(TJ BRANDライダー、フリースキーヤー)
・堀田貴之氏(文筆家、今回はブルースギター担当)
・西田洋介氏(TJ BRAND)
・他、数名調整中

〔セッション内容〕フォトセッション、テレマークフリーライドセッション、SBフリーライドセッション、フリースキーセッション、SBクリニック、BCスキーツアー、BCスノーボードツアー等の詳細は後日、参加申込みを頂いている方に直接ご連絡致します。

2016.08.02

この冬、2017年の1月は「かぐら和田小屋」で

facebookというヤツでは告知済みながら8月に入りましたので、改めてこちら(BLOG)でもお伝え致します。

SANYO DIGITAL CAMERA

ここ数年は主に東北へと皆さんと滑りに行っていますが、それら以外にも今回はひとつ趣向を変え、表題のように「和田小屋」を貸し切っての「雪上1泊2日イベント」を企画。街で開催の宴(忘年会など)と大きく異なり、終電も気にせず滑って飲んでワイワイして「一晩を山岳ロッジで過ごす」というもの。
もちろんSNOWBOARD&SPLIT、TELEMARK SKI、SKIを問わずというのも毎度の通り。「おとなの修学旅行」的なものですかね。

さて「和田小屋」とは…
文字通りの山小屋。宿泊可能ながらも昼食時くらいしか利用したことが無い人が大多数かと。でもココ、ゲレンデ内に位置しながら実は海外の山岳ロッジのような雰囲気も持ち合わせているすばらしい存在。

今回は一般の方々に交じってのビジター宿泊ではなく‟貸切”ゆえ、最大限に寛げます。

★土日ともプロカメラマンによるフォトセッションやフリーライドセッション、ガイドを付けてのBCツアー(SKIとSB別々のガイドを予定)に滑走クリニックなどご機嫌なメニューを幾つかご用意。
★夜は貸切ゆえ当然ゆったりとした「大人の宴会」で盛り上がります。
★翌朝は名物‟ファーストトラック”を楽しんでから、初日のメニューを組み換えて、と…

…そんな2日間をお愉しみください。
詳細などはまだ未定ながら、すでに20名強ほどのお客様からご予約を頂いています(関係者入れると30名程集まっています)。楽しんでもらうメニュー内容は先着順で希望のものを選択してもらう予定なので、とりあえず日程押えてお早目にメール下さいな。

企画が企画だけに大人数が絶対楽しい。
なので、ぜひどうぞ。

【日程】2017年1/21(土)22(日)

2016.07.17

店前にて

天気がよかったこともあり、昨日は店前にて楽しい時間を過ごした。昼前の11時過ぎに会田氏と「とりあえず!」とばかりにプシュッとあけてから缶を片手に(もちろん仕事をしながら)閉店まで、その後場所を移して最後は1時過ぎまでと長丁場。しこたま飲んだ。なので写真撮る余裕無し。

……いや、それより展示会ですね。狭い店内でお客さんにはご不便かけながらも小番直人氏、MountainSurfの代表そしてLADEの会田氏らのおかげもあって大盛況。どれも「製作者の顔」が見える製品たち。夏を直前に早くも冬が待ち遠しい。そんな1日でした。

★MountainSurfカスタムウエア、オーダーは7/31締切!お忘れなく。
★MOSS SNOWSTICK bottomline LTDも引き続きご予約受付中。
★K2 TTブーツも引き続きご予約受付中。※火曜まで試し履き可

2016.07.13

明日から

暑い最中の展示会、明日からです。
なお、土曜日はMountainSurfの代表もなにやら足を運んでくれるとのこと。

※連休初日、天気が良ければ店前で軽く飲みながら……なので電車でくるのはアリですよ。

« Previous | Next »