2015.11.18

バックパック

今季ついに発売されたdeuter Rise Pro34 +は前にも紹介済み。雨蓋タイプ、背面アクセス可能で小屋泊もできるサイズ、とまさに今まで求められていたパック。W’sもあります。

こちら、やはりなかなかの人気で輸入元在庫もまもなく今季分完売が近いそうです。当店在庫も随時追加しながらも僅かです。

PLUS ONE WORKSは国内企画でオリジナリティーあふれる点も評価されているパック。Shumari35(グリーン、ブラックの2色展開)が一番人気、MATE 48もあり。こちら11月も半ばになり動きが早くなってきました。

こうしてBLOGで何度も同じ商品について書いていますが、どの商品も、どのメーカーも在庫を多く持たないご時世ゆえ、無くなり次第終了の“その「無くなる」時期”が結構早いのが現実。なにも「買え買え」という意味ではありませんので念のため。

しかし雪が全然無い今年の立山
「今週末の連休はちょっとね~」な状況ゆえ、店頭でもそんな話題の毎日です。でも「自然が相手」、こればかりは一喜一憂するのではなく、こちらも自然体でいるのが良いのでしょうね。私の口癖に「回転数を落として遊ぼう」というのがありますが、まあそういうことなのかな~と。そりゃ雪があるに越したことは無いけれど・・・。

ということで「12/5(土)の忘年会」は急遽「雪乞いの宴」をメインタイトルに据えます。まあ気持ちだけでも、ということで。

2015.11.09

deuter Freerider Pro 28SL(黒)も最終在庫

2013-01-30-15.07.18[1]
昨年で発売を終えた“貴重なFreerider Pro28 W’s(SL)のブラック”。
無くなることを想定し多めにご用意していた店頭在庫もいよいよラスト2個。今季は一色展開です

※M’s(30L)の黒は継続カラー、こちらは新色も出来が良いのでお好きな色で選んでください。

で、28Lとはいえギアの収納ポケットなど使い勝手の良さと背負い心地、滑走時の安定性と登行時のストレスの無さ、この辺りも含めて1DAYツアー向けに最高のモデルでしょう。もちろんSBもSKIもオッケーです。

これ以上のサイズ・・・1泊小屋泊までもカバーとなると今年発売されたRise Pro32+SL、更にテント泊なども想定したらRise Tour40+SLがお勧め。ちなみにPro 32+SLは、先の土日で店頭在庫切れ。追加発注してあります。

「大は小をかねる」といきたいが、パックの場合は適材適所というか、大小を使い分ける方が確実にストレスなく山を楽しめます。特に歩くだけではなく滑走を考えると尚のこと。

2015.11.02

PlusOneWorks

POW_WORKBOOK1
カッコいい国内ブランドのパックPLUS ONE WORKS(=POW)が今季も入荷。
●Shumari 35 BLACK(新色)、GRASS HOPPER
※GrassHopperは店頭ラスト2個(メーカー在庫完売)
●MATE 38 完売(メーカー在庫なし)
●MATE 48 店頭在庫あり

機能面での総合性の高さが売りのdeuterに対し、こちらは秀逸なデザイン性、国内メーカーなどという点が売り(もちろん機能性も〇)。自分のウエアやスタイルに合う方を選んでください。
“POW”のローブロー&ローファイな雰囲気、とても好きです。

2015.11.01

RIDE Kicker Pack Black

DSC_0243(1)

昨年と変わり、今季は邪悪な香り漂うオールブラックのこちら。
付属品はキッカー製作用のショベル、それとソイツを“飲みながら作れるようにと”スキットル(スカルの絵)。例によってご機嫌なセット。

でも、当店で扱う以上「キッカー用」というよりむしろSPRING RIDE、そう・・・「春のBC向け」を想定。パックのサイズもちょうど良いし、同じくショベルもこのサイズがうってつけ。

写真人形が着るのはTetonBros.の人気「Saratoga Hoody」(1.5レイヤーという感じ)。バラクラバ的なフードは例やリング時に邪魔にならず、それでいて“使える”作り。カッコいいし、とてもイイっすね★

2015.10.26

deuter for BC Snowboard&Ski

DSC_0234(1)(1) DSC_0233(2)(1) DSC_0237(1)

自分で長年使っていて、背負い心地が最高だと感じるパックがこのdeuter。
特に滑り用に特化したモデルはBCでの使い勝手もすこぶる調子がよろしく、たいへん良いですね。Freeriderは毎年“定番の黒”ばかりをお勧めしてたけど、NEWカラー(写真)はややレトロな配色がイイ感じ、その香ばしさも魅力です。※もちろんFR30&28SLともに黒も店頭にあり。

左2つが待望のニューモデルで、板が背負える雨蓋タイプ、バックアクセス可、適度な容量の・・・
Rise PRO 34+   ¥23,000+税  ※+(プラス)は8L
Rise PRO 32+SL ¥22,500+税  ※+(プラス)は8L
それと、
Freerider PRO 30 ¥20,000+税  ※定番の1dayモデル
Freeride PRO 28 SL ¥19,500+税 ※写真なし、petrol-blueberry(色)が入荷

上記以外も、より山スキー&ボード寄りのモデルのRise Tour 40+ SLRise Tour 45+、それに他社のパックでも使用可能(な場合も多い)便利なヘルメットホルダーも入荷済み。

★改めてRisePRO、かなり“使えそう”な仕様に仕上がっていて、容量的にも多くの人が欲しかったサイズかと思う。カラーリングと共に久しぶりに「そそられ」ました。

2015.02.16

deuter Pack 15-16 

ちょいと展示会からの情報。今回はdeuterのパック。
来季の色、かなりイイ感じ。NEWモデル含め、レトロな雰囲気の色合いは“実物を見ると”更にそそられます。

写真 2015-01-28 11 05 49 - コピー
★ライズPRO34+(New)
バックアクセス搭載、BCギア、SKIもBOARDも背負えて容量稼げる雨蓋タイプ。色、素敵です。バックレングスも問題なし。

写真 2015-01-28 11 07 20 - コピー
★ライズPRO 32+SL(W’s)(New)
容量は2L少ないながらも機能は上記と同じ。小屋泊やテント泊でのツアーにも良いですね。女性向けのショートレングス&スリムライン、店主(167㎝)でもギリ使えそう。

写真 2015-01-28 10 58 28 - コピー
★FreeRider PRO30
新色。
モデルとしては継続ながら、定番の黒に加えてこの色、う~ん、ライズ34+同様レトロな色合い、なかなかに良い。個人的にも好きな風合い。

現在使用していてFreeRider PRO30は凄く使いやすいパック。この秋その兄弟姉妹としてライズが新しくラインナップ。こちらも同じように使い易そうな出来。11月入荷かな?いずれサンプルをお見せ出来ると思う。お待ちくださいな。

★SWEET PROTECTION★
予約締切(本国への発注日):2/23(月)
入荷予定:11月
※ウエアは上記締切までの予約分のみの入荷。ヘルメットもモデルや色、サイズにより入荷いたしません。ご予約をお勧めいたします。詳細は店頭にて。

 

2014.11.06

やっぱりオススメのFreeRider PRO30

2014-11-06 12.25.24

店主も好んで使用しているdeuter FreeRider PRO 30 。色もソリッドな黒ゆえ素敵。ギア類の収納もメインの収納も使いやすく、背負い心地(&滑走時の身体との一体感)など、どれをとっても完成度が非常に高いバックパック。昨年も一昨年も大好評でした。

¥18,500+税
ヘルメット用ネット付属

※入荷しています

2014.09.26

BackPack:PlusOneWorks

1411634031016

昨年“新登場”で密かな人気のブランド。色やデザインそして細かな点ではネームプレートもアナログ感満載で素敵!、今季も形状変更などなく継続販売です。
ちなみに写真のShumari 35(¥20,000+税)は人気で既にメーカー在庫も完売とのこと。当店在庫も極僅かです。もちろんMate38&48も人気。こちらは若干の在庫あり。

2013.11.18

ARVAのパック

arva-pt18  arva-pt24

30Lだとdeuter FreeRider PRO、12Lだと K2やARVA FR 12、他にも写真のPatroller18(左)や 24(右)、FR20なども。
特に上の2つ。なかなかカッコイイ色。好きです。
いくつか持つ中から奥山、裏山など使用する状況で使い分けると◎。
いたずらに荷を大きくするのは極力避け「機動力を上げる」(=滑りを楽しめる)ことを重視した方が良いですね。

続きを読む »

2013.10.13

K2 PILCHUCK PACK

2013-10-12 17.18.50

リフト・アクセスでのゲレンデサイド(裏山*)使用に割り切ったパックがこのPILCHUCK〔¥7,350〕(←動画はKITですが当店では本体のみの取扱い)。SKI、SNOWBOARDともに向けたなかなか良い出来です。

続きを読む »

« Previous | Next »