2018.10.11

例えばスケートボードとか、あれとかアレとか

秋も急激に深まり始め、からだのUPも徐々に、かつ更にもう一段階上げていく時期になりました。
身体ってのは単純で正直なもの。やっていることは出来るけど、やっていなけりゃ出来るはずがない(“天才”は除く)。でも逆に言えば、やっていれさえすれば、かなりの動きを期待出来る。しかも繰り返せば繰り返す程、それは応えてくれるようになる。

だからまあ「やりましょね」という事。
その時に「あれ」とか「アレ」も一緒にやると結構いいんじゃないですか…これ最近店頭での口癖。

「ぬかりなく」

(これまた口癖だ)

2018.10.04

10/13発売:Heart Films 『In The Moment』

新作DVD(10/12入荷予定) の第一弾はコチラ、HEART FILMS新作”In The Moment“(10/13発売)。その翌週に昨年同様、ムービー・プレミアが「深川江戸資料館 小劇場〔江東区白河〕」にて行われます(画像参照)。なお”クラフト・ビール”云々の話も昨年同様らしい。

DVDに同封されているステッカーがこのイベントの入場券。
上記試写会のみ参加の場合、当店店頭で¥1,000にてこのステッカー(入場券)を購入できます。※DVD発売日以降

また一歩シーズンが近づくな。

2018.10.03

DEELUXE FOOTLOOSE 入荷済み

本革仕様にD-TEX(防水透湿メンブレン)搭載、そしてご機嫌なソールの採用…この出来で¥35,000(税抜き)は素晴らしい。
入荷しました。
今なら主要なサイズ、ほぼ揃っていますよ。今シーズンも店主”推し”の一足です。

昨年発売され、”SBブーツのような(?)滑り用ブーツ”として話題になったのがFootloose。いわゆる”雪板用”と位置づけられるきらいがありますが、なんのなんの…使い方さえ選べば(←コレ大事!)「SB用としても」楽しく使えます。

前にも書いたけど、

’90年代に一世を風靡し大人気だったSBブーツが”NORTH WAVE(写真手前)”。コイツでガシガシ滑っていた時代を考えると、それよりも全然コシがありD-TEXでの防水性も上というのがこのFOOTLOOSE。SB滑走用という意味ではつい先入観で否定しがちなコヤツながら、そう考えると実は”使える”ブーツ。
※まあ、その辺りの探求は楽しみとして個人個人に委ねます。ある意味市販されているスノーボードブーツの中で一番”その魂(ソウル)を持つブーツ”とも言えます。

余談:ちなみに昨年わたしは、コレ履いて「家→電車→飛行機→ニセコ(復路も同じ)」を敢行。何かひとつ見えた気がしましたね。

★使用感のみならず「カッコ良さ」は秀逸です。

2018.10.01

10/2(火) 臨時休業

仕事上で必要なセミナーがあって「お休み」、臨時休業です。

ご了承ください。

10/1~冬季営業時間に入りましたよ。

冬季営業時間 12:00~21:00 〔水曜定休〕

SCOTT エアバッグ(充電式)も入荷してきた

新発売(新機構)のSCOTT AIR BAGですね。充電式(家庭用コンセントorUSB)なので、常に自分で機器の動作確認が可能。軽量かつ1day使用向けにも十分な容量。

こうしたAIR BAG、よく質問される「必要か否か?」は自分で判断しましょう。厳冬期、そういうフィールドに行くのであれば間違いなく「お勧め」。行かない人には必要ない、それだけの事。「ここから先は…」と簡単に線は引けない。「そこそこ行くな」というのであれば、そろそろ導入の価値あり。

でもまあ考えてみれば。今では自動車でも標準装備のエアバッグ(少し目的は違うけど、命を守る意味では同じ)。あまり理詰めで深く考えずに「おっ、良さそうだね」でもいいような感じがする昨今ではある。本体価格15万弱ったって、命の値段はそんなに安かぁ~ない。

最近はそんなスタンスの私です。

2018.09.30

本日9/30は無理せず臨時休業

今日はこのあと台風がやってくる。
早めに風雨に備えて臨時休業。おとなしくします。

※店前の観葉植物の鉢も店内に避難させました。

アバランチ・トランシーバーのミニ講習

あっと言う間に一年…「もうそんな話をする時期なんだな」という感じですが、今回もbca社契約のガイド堀江淳 氏にご協力頂いてのミニ講習。bca社のT3 を用いてベーシックな操作から質疑応答までを、実際に機器を使用しながらマスターする(というよりも”おさらい”をする)という内容。

★bca アバランチ・トランシーバー ミニ講習会
【日時】2018年11月10日(土) 12:00~予定 ※正味3時間ほど
【場所】当店近くの屋外 ※実際の場所は参加者に後日お伝えします
・参加費は無料
・当日はT3のデモ機アリ。自分の機器の持参は自由
・参加希望者は、当店まで

bca社は、写真のモノを始めとするバックカントリー滑走での必需品を製造している会社。中でも赤色LED使用のアバランチ・トランシーバー(通称ビーコン)は、悪天下でも優れた視認性があり、とても使い易く人気の機種。ただし「使い易い」とは言っても、当然”操作”については繰り返しの練習が求められます。こうした機会を利用して、着実に操作を身につけていってください。

2018.09.27

K2 TARO TAMAI SNOWSURFER

18/19モデル” TaroTamai Snowsurfer”を冠するK2社SB ブーツ、いよいよ近日入荷。
初代で「‼」と言わせたブーツも、マイナーチェンジの2代目を経てついに”ほぼ完成形”と開発者「玉井太郎氏」本人に言わしめたのがこの3代目。足裏へのカント採用と前傾角の変更そしてインナー形状の変更など、細部に渡る変更点がまさに昇華したといえる究極のスノーサーフ・ブーツ。かつて無いほどスノーサーフでの滑走に主眼を置いた、まさに今までにない1足に仕上ったそれがグルーミングバーン~地形~パウダーでの味わい深いターンを可能にしてくれます。

時にサンプルを置きながら予約を受け付けてきました「店頭フリー在庫分」もいよいよ下記を残すのみ。ちょうどほぼ各サイズ1足という状況ゆえ、検討中の方お早目にどうぞ。

W’s :(色)Violet ¥68,000+税
US5(22cm)×1、US6(23cm)×1、US6.5(23.5cm)×1、US7(24㎝)×1

M’s:(色)Green ¥69,000+税  ※実際の商品は写真より薄いグリーンに変更
US7(25㎝)×1、US7.5(25.5cm)×1、US8(26cm)×1、US8.5(26.5cm)×1、US9(27cm)×2、US10(28cm=完売)

ブーツに求められるもの。それは高級車に採用される上質なシート(≒セミバケットシート)を持ち「快適な室内(居住性)」を維持しつつ、スポーツモードを存分に楽しめる「最適なステアリング設定」等を高い次元で両立させることにも近い感覚でしょうか。海(波乗り)とは違い裸足で乗る訳にはいかない状況下、いかに「それに近づけるか」の追求が結実したブーツです。

※サーモインナー搭載ゆえ成型の如何で履き心地に差が付きます。当店では専用オーブンを用いて内外共に成型。内側は足のラインに、外側はブーツアウターの内張りの形状にと形作られるので、適度な遊びを維持しながらも反応の良い”使える”ブーツに仕上げてのお渡しとなります。

2018.09.24

次回のカムイみさか”沢プレイ”は10/26(金)

SNOW WAVE SESSION

小番直人氏プロデュースによるイベントも、いよいよ第4回に。
回を重ねる毎に深みと厚みを増し、いよいよ定着してきたこの企画。”シーズンの半歩手前”といった絶妙な時期ゆえ、ここで「足慣らし」を済ませておけば慌てずにシーズンインも出来そうです。

私もまだ1回しか参加できていませんが、かな~り楽しいゴキゲンなもの。誰に遠慮するでもなく「濃密な時間」、しっかりと遊び倒せます。

2018.09.22

10/13(土)~19(金):AFDICEGEAR(ウエア)展示と採寸

当店の『和田小屋フェス』にて、TJの西田洋介氏が着ていた(写真)のがこのafdicegear
数種の生地のほか、スソ丈や袖の長さなど、各部を希望のサイズに仕上げることが出来る国産のオーダー製品。

この冬からは岩崎龍大君も着ることに。その岩崎龍大君そして西田洋介氏も来店しての展示会を表題の日程にて行います。ウエアの購入時期的には”今”でなくとも、今後を見据えてぜひご覧いただければと思います。


photo:Yoshiro Higai

岩崎龍大君は土曜日、西田氏は土日と(多分)時間の都合をつけて来てくれそう。TJのブランクスを観ながら話も聞けるうえ、いろいろ楽しい時間を過ごせると思います。もちろん1月の『第三回 和田小屋フェス』に二人とも来場予定。

★Beerでも冷やしておきますから、電車が良いかもね。

« Previous | Next »